2013年11月30日

口内炎

よく晴れて気持ちのいい日ですね晴れ
今朝はにゃんずの定期検診からスタート。まぐは2回目、ぱいふーは初めての受診です。
2匹とも、キャリーにはすんなり収まりましたが、玄関ドアを開けたあたりから異変に気付いたか、にゃーにゃー心細そうに鳴きはじめました。

大丈夫だよ〜。
すぐ終わるからね〜ふらふら

まぐもぱいふーもエイズキャリア(発症はしていません)のため、免疫力を高める薬剤を注射してもらいます。
そして、ひとつ心配事がありましたあせあせ(飛び散る汗)
ニオイに敏感な夫が、2匹とも口臭がある、というのですバッド(下向き矢印)
そして、だんだん私にもわかるようになってきて。。。

結果、ぱいふーのお口はキレイでした。(ただの口臭か・・・?)
まぐには軽度の口内炎ができていましたふらふら

私たち人間の口内炎と、猫の口内炎は、重みがちがうようです。
特にエイズキャリアである仔は免疫力が低いため、いちどできた口内炎は難治性となり、悪化することはあっても治ることはないと。
これからいかに進行させずにケアしていくかを考えなければひらめき
ときどき、ごはんの途中でオゲゲゲ、となるのは、口内炎のせいだったんだね。
あわてて飲み込んでるからかと思っていました。。。ごめんね、まぐ。

エイズキャリアとはいっても、発症しないまま寿命を迎える仔も多いそうです。
出来る限りストレスのない生活環境をととのえて、寿命をまっとうさせてあげたい。
がんばろうね、まぐ。

IMG_0561.JPG
posted by Mariko at 16:13| Comment(0) | 猫のこと