2014年01月16日

リズムのこと

ベリーダンスを学ぶうえで避けては通れないリズムのこと。

かつて若いころ、哀愁に満ちた音楽と踊りに惹かれて始めたフラメンコ。
パルマがきちんと叩けないとステップさえ踏ませてくれない厳しいお教室でした。
その後挫折しもうやだ〜(悲しい顔)もはやフラメンコと関わることはないと思っていましたが…

大好きなLamma Bada、アラブリズム10拍子の代名詞るんるんのフラメンコバージョンを習いましてexclamation
これがとっても素敵な振付けでして…

Lamma Badaはモアシャハットと呼ばれ、アンダルシア音楽から発展した宮廷音楽ですが歌詞は文学的なアラビア語なのだそうです。
では、なぜアンダルシア???と思いさらに調べると、スペインがイスラム勢力に支配されていた時代にさかのぼるようです。
なるほど〜、Lamma Badaがフラメンコ調なのも納得です。宮廷音楽から発展しただけあって、とってもキレイでユーガぴかぴか(新しい)

2年ほど前に初めてLamma Badaの振付けを習った時は、あまりにエレガントなムーブメントに、ベリーダンスにこんな踊りが!と衝撃を受けましたひらめき
その後モアシャハットについてや、おおまかな歌詞の意味を聞いて、イメージを膨らませていたところ、たまたまライブでLamma Badaの演奏によるダンスを見る機会がありました。
ダンサーさんは、なんと、トライバル衣装で登場exclamationチャイナドレスで日舞を踊られたようなショックを受けましたバッド(下向き矢印)

ベリーダンスはとても自由な踊りではありますが、外国人である私たちが踊るとき、ただ音を聴くだけでなく、音楽がもつ文化や歴史、歌詞があれば歌詞の意味を学ぶ必要があるなあとしみじみ感じました。
posted by Mariko at 22:32| Comment(0) | ダンスのこと