2014年04月30日

ダンスに励まされ

ここのところ、猫のお世話でキリキリすることが多かったですが、私がストレス感じては、猫たちに伝わってしまう…リラックスが何より大切。

昨日はスタジオのミニハフラに参加しました。
土日に習ったばかりのタラブ曲にチャレンジ!あったかアットホームな会でしたので、アルコールの力も借りて踊りました。
皆の踊りもそれぞれに個性があり、とても楽しかったです。踊りには癒しの力がある。
最後はハイパーディスコタイム!

写真は3/29日開催の生演奏ライブ Baharのときのもの。共に踊ったYass&Yumeと。
素晴らしいミュージシャンの方々やあったかなお客様と心地よい空間をシェアでき、 至福のひとときでした。
photo by Makoto Fukuda
image.jpg

posted by Mariko at 17:37| Comment(0) | ダンスのこと

2014年04月27日

踊る心

昨日今日は、エジプトのハリド先生によるタラブ振付のワークショップに参加るんるん
タラブとは、オリエンタルダンスにおけるテーマのひとつで、心の琴線に触れる歌、という意味だそうです。

ハリド先生の振付は、シンプルな動きが歌の抑揚にピタリピタリとはまっていて、とても美しいぴかぴか(新しい)
歌詞の意味をおしえていただきましたが、いかに歌を解釈して、自分のストーリーで表現するというところがとても難しい。
特にこのようなテーマでは、その人の生き方そのものが踊りに反映されるのだと思います。
人間の苦悩が凝縮された湿り気たっぷりの歌は、日本の演歌に通じるような気がします。

オリエンタルダンスに必要なテクニックは練習すればいつか身に着くと信じています。もう一つ欠かせない要素のフィーリングは、さあ感じよう!と思ってできるものではないです。
だけど、私たちは想像することができる。歌の意味や曲のイメージからイマジネーションを広げて、表現してみるひらめき
いつかこの曲を、気持ちを込めて踊ることができたら…素敵な妄想るんるん
posted by Mariko at 23:37| Comment(0) | ダンスのこと

2014年04月25日

今年もベリーなGW

今月はレッスン代講をさせていただく機会が多く、私もとても勉強になりましたひらめき
超入門・入門クラスを担当していますので、体験レッスンに来られる方、ベリーダンスを始めたばかりの方も多く、独特の動きに無理なく馴染んでいただけるよう、いろいろ考えながらレッスンしています。
慣れてきた方が多いクラスでは、リズムに変化のある曲を使って、シンプルな振付で踊ったりしながら、踊る楽しさが感じられるように考えています。
リラックスして、ハッピーに踊れたら何より嬉しい黒ハート

ここ数年、GWはベリー漬けでするんるん
昨年はトルコに修行に行っておりましたが、今年は大好きなガマール先生、ハリド先生(お二人は兄弟)によるワークショップとインテンシブコースを受講しますぴかぴか(新しい)エジプシャン三昧!

毎年海外からたくさんの著名なダンサーが来日しワークショップが開催されますが、オリエンタルダンスからフォークロアまで様々なスタイルについてテクニックや表現方法だけでなく、文化や背景知識など、自分自身の踊りと向き合いながらじっくりと学べる講座はなかなかありません。
このような機会が得られること、サポートしてくれるパートナー、そしてGW中代講レッスンをしてくださる皆さんに感謝しております黒ハート

posted by Mariko at 17:57| Comment(0) | ダンスのこと

2014年04月23日

嬉しい〜!!!

数日前から急激にご飯をたべなくなったまぐバッド(下向き矢印)
それまでも食事量が微減し、じわじわと体重も減り、とにかく好きなものをexclamationと、腎臓にはよくないだろうまぐろ缶をたくさんまぜてあげていました。

それもあまり食べないときの頼みの綱、ミルクチャウダーすら舐めるので精いっぱいなのを見ると、自然食宣言も早々に折れそうになるふらふら
よだれでガビガビになった口の周りをふき、お腹を撫でていると、安心したように尻尾をパタパタするまぐ。
痛いって辛いことだよね。そんな痛みのコントロールすらしてあげられないのが可哀想で可愛そうで。

今朝は、鶏のミンチに胸肉でとったスープ(胸肉は私がいただきましたるんるん)をかけてあげたところ、スプーン3杯飲んでくれました。
が、固形部分(ミンチ)は大部分残ったまま。→銀ちゃん、よろしく〜。
そこでタイムリミット。

お仕事から帰ると、ネットで読んだ自然食を提唱する外国の獣医さんお勧めのベニソン(鹿肉)の缶詰が届いていました。
肉食獣である猫の食性と生理に最適となるよう、天然素材の上質のお肉にこだわりました、という魅力的な謳い文句。お値段もなかなか立派です。
まずはシリンジで鶏スープを飲ませてみました。苦しそうにしながらも2.5mL飲めたので、匂いになれてもらおうかと鼻先にもってきたベニソンにがっつきました!
まぐが、自らたべている・・・
量的には少量ですが、この「自ら」というのが重要だと思っていて、もう嬉しくて嬉しくてもうやだ〜(悲しい顔)

ベニソンも例にもれず、何をあげても喜ぶぱいふーと銀ちゃんには、リアル生食にチャレンジしてもらおうかなひらめき
posted by Mariko at 23:01| Comment(0) | 猫のこと

2014年04月22日

自然食

昨日宣言した自然食、いきなり切り替えるのは難しいです。
昨日みんにゃに鶏ミンチをまぜたところ、きなこさんは軟便気味。
風邪のため隔離中のきなこさんとは別に、リビングの誰かも若干軟便。
他の便の形状からして、うーん、ぱいふーかな。
(お食事中の方、申し訳ありません!!!)

正常時のみんにゃの便はだいたい均一で特徴的なので、異変があるとすぐわかる。
添加物の少ないナチュラルな化粧品に変えたときなんかも、これまでの反応がでて、
一時的に赤みやかゆみ、ぶつぶつができたりすることがあるっていうけれど、
食事に関しても同じようなことが言えるのかもしれませんね。
一時過ぎたら、あれ〜〜〜???ってキレイになってたり、ね。

本日、頼みの綱のミルクチャウダーにも反応イマイチなまぐ。
ま、ミルクチャウダーは自然食でもなんでもないんですが…

なので、新鮮な鶏胸肉をつかってスープを取ってみたら、
スプーン2杯くらい、いっしょうけんめい飲んでくれました
まぐ、えらいよ!よくがんばった!
posted by Mariko at 21:32| Comment(0) | 猫のこと