2014年05月19日

まぐのこと

我が家のお姫様、可愛い可愛いまぐ。
2013年10月20日に福島から千葉の我が家にやってきました。

まぐは2012年4月10日に双葉郡大熊町野上で保護されたそうです。
大熊町は原発事故による汚染廃棄物の中間貯蔵施設建設のため国有化がささやかれているところであり、すでにバリケードが築かれ、今まで通行できた道もどんどん封鎖されているようです。

まぐは保護時点で避妊手術が済んでいたそうです。どこかのお宅で可愛がられていた子なのでしょう、始めこそ警戒心がありましたが、ほどなくかまってオーラ全開になりました。撫でて〜とばかりに、コテっと横になり、ゴーロゴロ喉を鳴らしはじめます。

そんなまぐですが、目下闘病中。
口内炎&腎不全のため、なかなかゴハンを食べられなくなってきています。
腎臓ケアが必要であるものの、そもそもの食事摂取量が少ないので、食べれるものは何でもという感じで日々嗜好を探っています。

猫の食欲はかなり嗅覚に頼るようで、腎臓のケアもあり、最終手段のひとつと思っていたかつおぶし(猫用ですが若干塩分が含まれます)をふってみたところ、久しくみたことのない食欲を見せてくれました。

えらいよ〜、まぐ!

やはり、自ら食べるということはとても重要のようです。本人も自信がついたのか、目の輝きが違う。

まぐが弱ってきてから、なかなか写真を撮る気分になれなかったのですが、先日ボランティア活動でお世話になっているKUROさんが立ち寄ってくださいました。
とても幸せそうなまぐの様子に、私も元気をもらいました☆
まぐ、大好き!!!


Photo by KURO
まぐ20140515.jpg
posted by Mariko at 19:04| Comment(2) | 猫のこと

プチハフラを終えて

5/17(土)にプチベリーダンスパーティを開催いたしました。
食事やお酒を楽しみながら日ごろの練習の成果をお披露目する場です。

いつもレストランショーでお世話になっているとるトルコ料理レストラン、KONYA@銀座さんでの開催。
初めてお客様と至近距離で踊る方もいて、緊張したけど楽しかった!次の課題が見えてきた!などの感想をいただきました。

レストランショーで踊っていていいなあと思うのは、踊っている側とお客様との一体感です。至近距離ゆえ、お客様の反応がダイレクトに伝わってきます。ステージで踊るのとはまた別の感覚だと思います。

ふだんなかなか会えない、過去にいっしょ学んだ仲間と再会できたり、フレッシュな踊りを披露してくれたスタジオメンバーがとても喜んでくれて今後の励みになったと言ってくださったり、開催してよかったな〜と思いました。

オリエンタルダンスを愛するメンバーで、今後もたくさん踊っていきたいな〜と思います。
posted by Mariko at 13:41| Comment(0) | ダンスのこと