2014年06月12日

準備期間がいちばん楽しい♪

いくつかのショーの準備をしています。

ショーについては、曲を決めたり、編集したり、衣装のことを考えたり、時には製作もしたりるんるん
準備しているときがいちばん楽しいですグッド(上向き矢印)

当日は終わってからの打上げビールが何より楽しみぴかぴか(新しい)
そして、出番直前になって急に緊張するたらーっ(汗)

レストランショーでは衣装を変えることは難しいですが、曲に合わせて小物でアレンジしたり、視覚的にも楽しめるように考えます。
何度も足を運んでくれている方も、そのときそのときの感想を言ってくださって、励みになりますひらめき

まずは来週、6/20(金)のレストランショー@KONYA銀座ぴかぴか(新しい)
新しい曲、大好きな曲を織り交ぜ、梅雨空を吹き飛ばして盛り上げていきたいとおもいます。

posted by Mariko at 15:47| Comment(0) | ダンスのこと

2014年06月10日

原発事故について考える

きっかけは、動物ボランティア活動で福島県葛尾村を訪問したことでした。
我が家の預かりニャン、銀次くんが保護された村です。

自警団の方のお話を伺っていて、心にずしーんときて、どうしようもない気持ちになったこと。
「村の消滅」

全村民が避難生活を余儀なくされており、自然豊かな村のあちこちにには、除染廃棄物の黒い袋が山積みになっている。
村で生まれ育った方たちは、当然帰りたい。でも若い人たち、子どもがいる人たちは帰れない。
いくら除染作業が進められていっても、結局村に将来はないのだと。

自分が生きてきた基盤を根こそぎ失うということ。
私には、想像するだけで耐え難いレベルで、事は起こっていました。

そして、今更ながら、たくさんの人の人生を奪った原発事故について、考えてみようと思いました。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4569808352?ref_=pe_492632_48821362_TE_M3T1_dp_2
読み始めたら止まらなくなり、一気に読みました。後半は、涙なしには読めませんでした。

原発を、日本を守るために必死に戦ってくださった方々の具体的な人間像や、思いなどが丁寧な取材によってリアルに描かれていて、ああ本当にこんな恐ろしいことが、ついこの間すぐそこで起こったんだと、思い知らされました。
生きて、健康で、普通の生活が続けられていることがどれだけありがたいことか。
そしてあの大惨事の中、決死の覚悟で作業を続けてくださった現場の方々のおかげで、今日、私は生きていられるのだと、しみじみ思いました。

終わりの見えない事故の後遺症。これから少しずついろいろな本や資料を読んで、あの日起こったこと、今起こっていることを知りたいと思います。

posted by Mariko at 17:46| Comment(0) | 日記

2014年06月09日

ターキッシュロマ

今朝太陽を見たと思ったのですが、雨が降り出しました小雨


いつまでお天気悪いのニャ???
だるいニャ〜。
P1011043.JPG


昨日はターキッシュロマのWSに参加しました。
まずは基本のステップを、なんとも贅沢なことにダラブッカの生演奏に合わせて練習ぴかぴか(新しい)
ターキッシュロマは9/8拍子の独特のリズムが特徴ですが、実際には1・2・3・45でカウントします。
1ア2ア3ア4ア〜、ウラ拍感じながらリズムにのるるんるん
ダラブッカの伊藤さんと、ロマ講師のYokoさんの掛け合いがかっこいい〜。
見てて惚れ惚れしている場合ではなく、私たちも練習練習あせあせ(飛び散る汗)

後半はYokoさんによるかっこいい振付を習い、複雑なステップにてんやわんやしながらも、やっぱり楽しいターキッシュロマ。
今回のWSでは、ロマの音楽がどのように発展してきたかの説明を伺い、とても勉強になりましたひらめき


さて、自宅での練習。
以前ロマフェスの練習で、コブシを振り下ろしながらのステップ(「いつき」と呼んでいる)を練習し始めた途端、
「シャシャシャーーーexclamation×2 カッカッカッexclamation×2
と怒り狂った銀ちゃん。
コブシを振り下ろす動作が、よほど恐ろしかったらしい。

ごめんね、銀ちゃん。
今回はソフトな「いつき」だからね〜。


「いつき」はやめてニャ
P1011047.JPG

posted by Mariko at 12:14| Comment(0) | ダンスのこと

2014年06月07日

初トライバル衣装

初のトライバル衣装が届きました。

凝ったビーズ刺繍が美しい!
image.jpg


トライバルはベリーダンスのスタイルのひとつですが、伝統的なエジプシャンやターキッシュなどのオリエンタルダンスとは、身体の使い方も表現も全く異なります。
私はトライバルスタイルをきちんと習ったことはないので踊ることはできないのですが、レストランショーでの剣の踊りなど、トライバル風をイメージしたフュージョンスタイルで踊ることがあります。

こんど、野外ステージでトライバルフュージョンを踊るので、思いきって購入しました。
うまくアレンジすれば、ロマスタイルにも使えそう。

トライバルとは、英語で「部族の」という意味ですが、どこの国ともつかないミックス感を受け容れてくれるフュージョンスタイルはベリーダンスの魅力のひとつだと思います。
posted by Mariko at 12:21| Comment(0) | ダンスのこと

2014年06月05日

天気と共に…

今朝、朝ごはんをたべてから、じわじわ調子をくずしていったきなこ。
今日のお天気と同じ…
お薬は飲ませなきゃと、スポイトで強制給餌したけど、嘔吐してしまいました。
ごめんね、きなこ(>_<)
かかりつけ病院は朝7時からやっているので、朝一版で病院に行こう。

まぐがわりとごはんを食べてくれたので、すこし安心。
今日はきなこの部屋で寝よう。

昨日まで暑かったからね。
疲れちゃったよね。
きなこ、そばにいるからね。安心してお休み。

P1010953.JPG
posted by Mariko at 21:08| Comment(0) | 日記