2014年06月24日

まぐのこと、きな子のこと

いま女子が大変ですあせあせ(飛び散る汗)

まぐは、ここのところ口内炎治療に集中してきましたが、腎不全でもあります。
口内炎があるとそもそも食べないのですが、食べたいのに痛そうにして食べないのと、
そもそも食欲がわかなそうなのとでは、様子が違います。
つまり、臨床状態も違います。

おとといからは、食べ物そのものに興味を示さない状態。
タイミング的にもそろそろ血液検査をしなければという時期だったので、さっそく検査。

soon腎機能を示す数値が悪化。
まぐの腎機能は6割失われているというステージでした。


実は近ごろトイレ粗相が多いまぐ。
腎不全のせいか、尿が薄く、たいして匂いもない。
まぐを怒ってはいけないと思いつつ、掃除しながらため息がでる。
そして、5秒後にくる罪悪感。

まぐ、ごめんね。

本人はのびのび昼寝猫

IMG_0339.JPG


まぐがごはんを食べないのは、わがまましているわけじゃない。
微熱もあるし、辛いのはまぐ本人。

ごめんね、まぐ・・・


原因は違えど、きな子ちゃんも同じ。
3日間、食が進まない状態が続いたので、目に見えない炎症を抑えるため今日は強めのお薬を注射しました。
食欲回復し、a/d缶を1/3食べましたよexclamation
急に食べると吐いたり下痢したりするので、様子を見ながらね〜。

take time.
みんにゃ、ゆっくりね揺れるハート
posted by Mariko at 19:39| Comment(0) | 猫のこと

2014.06.23葛尾村訪問

福島県葛尾村、2度目の訪問です。
始発で郡山に行き、昨日から福島入りしているTokuさんにピックアップしてもらって葛尾村へ。

まずは警備隊の詰所にご挨拶。
隊長さんがいれてくれた昆布茶がおいし〜グッド(上向き矢印)


茶の猫が出迎えてくれるポイント。
前回、今にも生まれそうな雌だと思ったのは、お腹が地面につくくらい太った雄でしたたらーっ(汗)
後姿で確認済み。しかも耳カット有。

同じポイントにいる、ちょっと引っ込み思案なキジちゃん。
すこし目が離れた独特のお顔がかわいい。
IMG_0355.JPG


よく肥えた三毛ちゃん。
IMG_0356.JPG

















ひとりでお留守番のトラちゃん。
前回はされなかったのに、今日はシャーされちゃった^^;
IMG_0358.JPG


Tokuさんも久しぶりの子だそう。お腹が空いている。
ここには白猫が多く、子育て中の子もいました。
IMG_0361.JPG


移動中に見つけた子。耳カット有。それほど警戒していません。
IMG_0363.JPG























前回来たときは、重機で地ならししていたけれど、除染ハイキブツがどしどし積み上げられていました。
美しい自然にまったく溶け込むことのできない、異質なモノ。
IMG_0365.JPG



ウェットフードをあっという間にたいらげる。自由にセルフ散歩を楽しむわんこたち。
2,3キロ離れた警備隊の詰所にまで遊びに行くと言うからオドロキです。
IMG_0367.JPG


帰りはTokuさんにお願いして、富岡町を通ってもらいました。
富岡町は、我が家の預かりニャンのきな子ちゃんが保護されたところ。

後ろに穏やかに広がる海が牙をむいたあの日から、何も変わっていない。
変わったのは、駅の向こうに続々と積み上げられる黒い袋の山。

富岡駅に電車が戻ることは二度とないのでしょう。
IMG_0372.JPG

















IMG_0374.JPG


IMG_0375.JPG


手前の駐車場からさらわれたのか、線路あたりに乗っかった車。
IMG_0376.JPG


本日の締めはいわきの、海岸近くの食堂で。
穴子が大きすぎて完食できませんでした><男子向けのボリューム。
IMG_0377.JPG


富岡町の現状は、写真で見たり話を聞いたりはしていましたが、現実に目の当たりにするとかなりショッキングでした。
車の往来はあるものの、人の気配が消えた町にくっきりと残る爪痕を、呆然と見ていました。

震災・原発事故による、家屋敷の補償がどの程度のなぐさめになるのか。
住み慣れた土地を追われ、人生そのものを奪われた方々の思いは計り知れません。。。





 
posted by Mariko at 01:14| Comment(0) | ボランティア活動