2014年09月21日

ハリージのこと

ハリージ(Khaleegy/Khaleeji)はアラビア語で「湾岸」を意味し、サウジアラビアなどの湾岸諸国の女性によって踊られるフォークロアダンスです。
本来は観客に見せるためのダンスではなく、社交のために自分たちの楽しみのために踊るダンスだそうです。

ハリージを踊るときは、丈の長いゆったりしたガウンのような衣装を着ます。
前身頃に施された豪華な刺繍を見せるように動かしながら踊ったり、長い髪を振ったり、女性らしいやわらかな動きが特徴です。
中近東のフォークロアダンスって、踊りもすてきですが、衣装がまた素敵なんですよね〜。

実際ショー用に踊るとなると、ハリージらしい独特のノリをかもしだすのがとても難しいのですが、音に合わせてステップさえ踏めれば、初めての方にも何となく楽しんでもらえる踊りではないかと思います。
レッスンでフォークロアをやることは基本的にはないのですが(私のクラスは入門クラスなので)、昨日のレッスンではふと思い立って、ハリージをやってみました。
まだレッスンを初めて10回くらいの方たちですが、なかなか楽しんでいただけたようで良かったです☆

私自身、ハリージの曲がかかって、ハリージのノリが出てくるにはまだまだといったところ(^_^;)
できないことは多々あれど、何度も曲を聴いていると楽しくなってくるんです♪
ハリージの踊りは、リズムはしっかりとらえながら、腕や上半身の動きは何ともエレガントです。
そして、キーとなるのが首の動き!
Youtubeで研究しよっと。


師匠にゆずっていただいたハリージ曲ばかりを集めたCD。
ドバイの空港で購入したそうですが、タイトルリストと中身が違う(^_^;)
なんともアラビックですね〜。
IMG_0622.JPG

posted by Mariko at 15:11| Comment(0) | ダンスのこと

2014年09月18日

レッスンのこと

午前中は自分の練習のため、近くの施設を予約し、ガシガシ踊ってきました。
ふだんのレッスンのように十分なウォーミングアップをしなかったせいか、腰のあたりがピキっと!
よくないですね(>_<)

動画を見返して、踊って、また動画を撮って。
2曲繰り返しましたが、かなりエネルギーを使う曲なので、それぞれ3回ずつで息切れあせあせ(飛び散る汗)

自分を客観的に見ることは効果があるようです。
3回撮ると、3回目がいちばん満足のいく状態になっています。

ちょうど3年近く前になりますが、あるジャズダンス教室の発表会にベリーダンスチームとして出演させていただいたことがあります。
ジャズダンスとベリーダンス、目指す美しさは正反対にあるのではないかとも思うのですが、そんなことよりも何よりも、リハーサルでぐっときた言葉がありました。
リハが終わって明日が本番、みなで円陣を組んでエイエイオーみたいなとき、ジャズダンスのある女の子が言った言葉。
「練習は裏切らない!!!」
ステージへの思いとか真剣さに、まったく太刀打ちできないと思いました。

以来、自分がへたりそうになると、あのときの彼女の言葉を思い出します。
今日もへたりそうでしたけど、裏切らないほどの練習できてないんだから当たり前じゃ!ってバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

最近よくレッスンに来てくださる方で、「全然できないけど、楽しい!」って言ってくださる方がいて。
楽しいか楽しくないか、楽しめるか楽しめないか。
ダンスって、そこが重要ですよね。
特に大人になってダンスを始めたら、どうせおカネ払うなら楽しくなきゃ!!!

身体づくりのためのトレーニングや、基礎の練習はいたって地味で大変なものであり、それすらenjoyするには別の脳内改革も必要かもしれませんがふらふら
やっぱり踊りって楽しくて、心身が解放されて、エネルギーが満ちてくるものだなーと思います。
今できないことは、1か月後にできるかもしれない、3か月後にできるかもしれない、半年後にできるかもしれない、、、
それでいいじゃないですか!

そして、もうひとつ大切な言葉が、いつも心にあります。
トルコのフェスティバルで、涙が出るほど心に響く踊りを披露してくれた大御所ダンサーさんが言ってくれた言葉。
"Keep dancing."



横でドタバタ踊っていようが、おかまいなしに昼寝続行するニャンたち。
君らももっと運動したら〜???
IMG_0608.JPG
posted by Mariko at 20:00| Comment(0) | ダンスのこと

2014年09月16日

レストランショーのお知らせ

昼間は暑いですが、風の爽やかさや空の高さは秋を感じさせてくれますねるんるん
トルコ料理は、お肉もお魚もお野菜もたっぷり味わえてとてもヘルシーですよひらめき
ぜひ遊びにきてくださいねぴかぴか(新しい)

るんるん9月19日(金) 20:00〜
レストランショー
トルコ料理KONYA@銀座
Tel: 03-3571-6042

NAM_5803.jpg
Photo by Nam

2014年09月15日

被災動物レスキューRAIF 写真展

9/28~9/30の3日間、横浜にて被災動物の写真展が開催されます。
横浜方面にお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいね☆
詳細は、下記RAIFブログ記事をご参照ください。

私は、被災動物のボランティア活動をつうじて、3.11のことをもっと知りたいと思うようになりました。
福島の被災動物に関わるボランティアをしているため、3.11といっても福島に偏った記載になることをご了承ください。

昨年10月から、被災猫たちの里親になったのを機に、現地にも行ってみたいと思うようになりました。
ボランティアでご縁のあった個人や団体のお世話になり、被災地での給餌活動に参加させていただきました。

RAIF写真展では、被災地で必死に生きる多くの命と、現在進行形の現実が映し出されます。
被災動物の救護や給餌活動のなかで撮影されたこれらの写真は、とても貴重な震災の記録だと思います。
1人でも多くの方が、3.11のことを振り返り、今も続くボランティアたちの活動について知っていただけるきっかけになれば、たいへん嬉しく思います。


ぼくたち福島から来たニャ。みんにゃがんばったから、いま幸せニャ。
左からまぐ(大熊町で保護)、銀次(葛尾村で保護)、ぱいふー(飯舘村で保護)
IMG_0598.JPG


posted by Mariko at 15:38| Comment(0) | ボランティア活動

2014年09月12日

レイキのこと

レイキマスターで友人のTさん宅で定期的に開催されるレイキ交流会に行ってきました。

レイキとは、自然エネルギーを利用するセラピーです。
基本は「手当て」。お腹が痛いとき、精神的に落ち着かないとき、お腹に手を当てたり、胸に手を当てたりすると、ほんわか暖かくなって落ち着いてきませんか。
誰もが自然に持っているエネルギーを利用して、自然治癒力を高めようとするのがレイキです。

2年前、ある婦人科の病気で手術をすることになったのですが、入院中ヒマだろうからと軽く読めるエッセイ本をすすめてくれた知人のおかげで、レイキと玄米に出会い、以来私の生活に欠かせないものになりました。
以前から友人だったTさんが、ちょうどレイキマスターとして活動しようとしていたときで、まさに渡りに船という感じでした。

今日は久しぶりの参加だったので、ヒビキ(熱感、ピリピリ感、脈動感など手のひらが受け取る感覚)を感じられるかなー??と思っていましたが、日々猫にレイキしているからか、Tさんによるアチューメント(エネルギーの通り道を開くこと)のおかげか、かなり明瞭にヒビキを感じることができました。
ヒビキが強くなってきたら、落ち着くまでしばらく手を当てます。

今日の私は、頭がガンガン響いていたそうです(^_^;)
案外アタマ使ってるのかなー??

最近、ココロとカラダのバランスとか、チャクラのバランスとか、リアルに骨と筋肉のバランスとか、いろんなことを考えます。
レイキも、いろいろなバランスを整えてくれるように思うので、カラダ全体のつながりを意識しながら手を当ててみようと思います。


あたちも口内炎や腎臓の病気に悩まされてるけど、少しでも良くなるようにって、おかーさんが毎日レイキしてくれるニャ。
手を当ててもらうと、なんだかポカポカして、とっても気持ちいいニャよ。
まぐ20140515.jpg
Photo by KURO




posted by Mariko at 20:45| Comment(0) | 日記