2014年09月11日

葛尾村・富岡町訪問

福島被災動物レスキューRAIFのくろさんにお連れいただき、我が家の預かりニャン、銀次くんの故郷である葛尾村で給餌活動を行いました。
その後、先月亡くなったきなこちゃんのお骨を飼い主さんにお届けしてきました。


福島に近づくにつれ、霧が出てきました。
IMG_0799.JPG

自警団詰所にご挨拶してから活動開始。

葛尾村は除染作業まっただ中。
本日の作業員数は1600人超。村の人口に匹敵するそうです。
IMG_0802.JPG


ひとりお留守番のコータロー。
なかなかアグレッシブな子ですが、飼い主さんと離れ離れで寂しいのです。
IMG_0801.JPG


警備隊詰所の前で。きれいなグレーの猫さん。
IMG_0805.JPG


ドンドン積みあがる除染廃棄物。
長閑な田園地帯にはあまりにも不釣り合いな光景です。
IMG_0808.JPG


積みあがった廃棄物に覆いをかけています。
IMG_0809.JPG


いつも迎えに出てきてくれる茶トラちゃん。
やせていますが食欲旺盛です。
IMG_0820.JPG


富岡町にできた「除染の駅」。
除染工事に関する情報を公開しているそうです。
IMG_0821.JPG


無事にきなちゃんのお骨を飼い主さんにお届けすることができました。
きなちゃんの子どもたちに会いたかったのですが、お出かけ中で叶わず(>_<)
葛尾村を出るころからどんどん雨が強くなり、あいにくの土砂降りでしたが、富岡港付近に連れて行っていただきました。

最後まで住民の避難を誘導していた殉職警察官が乗っていたパトカーの残骸の前で手を合わせる。
きれいな花が手向けられていました。
平日でしかも雨の中、パトカーのところには次々とお参りする人たちがやってきました。

3年半前から時が止まった町で、増え続ける黒い除染廃棄物の袋。
震災も原発事故も、決して過去のことではありません。
posted by Mariko at 22:35| Comment(0) | ボランティア活動

2014年09月10日

きなちゃんのお骨

明日、福島に行ってきます。
銀ちゃんの故郷である葛尾村での給餌と、きなちゃんのお骨を飼い主さんにお届けするのが目的です。
福島被災動物レスキューRAIFのくろさんにお世話になります。

長らくうちで過ごしてもらったけど、やっとお家に帰れるよ!
子どもたちにも会えるよ!
きなちゃん、喜んでくれるかな(^^)

今日はきなちゃんと過ごす最後の夜。
とは言っても、きなちゃんは、ずーっと私の心の中にいます。
きなちゃん、いつもありがとう☆

 
目の上の縦線のせいか、目力抜群のきなちゃん。美ニャンだね〜。
IMG_4340.jpg
Photo by KURO
posted by Mariko at 22:44| Comment(0) | 猫のこと

まぐのこと

近ごろトイレ粗相が多いまぐ。
思い当たるのは・・・突然トイレ砂を食べるようになったので、口にしても安心?なおから系の砂に変えたこと。
以前きなこに使っていたもので、まぐも時々使っていたはずなのに、変えた途端あちこちに粗相。

トイレの認識ができなくなった!?

慌てて元の砂にもどしたところ、トイレには行くようになりましたが、3回に1回くらいはハズしている(^_^;)
一応トイレを認識しているわけだから、大目にみるか。
トイレ周りにもペットシーツをしいて、キャッチできるようにしなくては。

うちにいるときは、まぐがトイレ前をうろちょろするたびに雑巾を持って待機。ほとんどストーカーの私です。
そして、外出するたびにドキドキ。帰宅したら、まずトイレの跡を確認します。
今夜は・・・やられました。

不幸中の幸いか、まぐは腎不全なので尿が薄く、匂いがあまりしないこと。


ちょっと失敗しちゃったニャ。
でも、悪気はにゃいのよ。。。
IMG_0339.JPG

最初は、ボケちゃってトイレがわからなくなったのかな〜と思ったのです。
まぐは推定年齢10歳くらい、人間でいうと60歳くらいなのですが、あくまで推定なので、実はもっと歳をとっているかもしれない。
キレイな八割れのまぐですが、最近白髪も目立ってきたのですよ〜。

まぐちゃん、ゆっくりゆっくり、過ごそうね☆
posted by Mariko at 00:58| Comment(0) | 猫のこと

2014年09月08日

女神ワーク

ベリーダンス、オリエンタルダンスは、踊り手の内面がとてもよく表れる踊り。
女性であれば誰もが秘めている女神性を探求し、心を開放して、もっと自由にすてきに踊りたい。
そんな思いから、賛同してくれる仲間たちと女神ワークを開催してきましたるんるん

第4回目の昨日は、IKUYO先生に参加していただき、「チャクラを癒し、大地とつながる」をテーマに行いました。
診断結果やそれに基づく気づきを皆でシェアしたり、IKUYO先生から、弱いチャクラを癒す方法や、自分を解放してキラキラ輝くための具体的な実践についてシェアしていただきましたぴかぴか(新しい)

いつも和気藹々、楽しくレッスンしている仲間たちも、いろいろな悩みや辛い気持ちを抱えながら生きている。
自分自身に向き合い、内面を見つめるだけでなく、こんなふうに仲間たちの内なる声をシェアしてもらって気づくこともたくさんありました。

ワーク後は皆で温泉に浸かり、美味しいイタリアンで仕上げわーい(嬉しい顔)
(温泉に併設の食堂が混雑していたため、急遽近場のお店を検索したのですが、これが大当たりexclamation



posted by Mariko at 16:22| Comment(0) | ダンスのこと

2014年09月07日

フォークロアのこと

9/28開催のオリエンタルダンスショーのリハーサルも着々と進んできました。
今回フォークロア(民族舞踊)の演目をいくつか織り交ぜるため、その練習をメインに行っていまするんるん

中東のフォークロアにはいろいろな種類があり、リズムも衣装も様々ですが、外国人としてフォークロアを学ぶうえでいちばん難しいのが、「ノリ」かな〜と思っています。
からだの内側から湧き出るノリがあってこそリズムに乗ることができる、そのノリがオリエンタルダンスらしさなのだと思います。
とにかく繰り返し曲を聴いて、リズムをからだに沁み込ませていくことが大切!ということで、移動中はひたすら音楽を聴いていまするんるん

以前エジプト人の先生によるインテンシブコースを受講したとき、先生がフォークロアの大切さを力説していらっしゃいました。
華やかなオリエンタルルーティンを踊るためには、構成要素であるフォークロアのリズムや動きを理解している必要があるからなんですね。
フォークロアを学ぶことは、オリエンタルダンスの文化や歴史を学ぶことにもなるし、テクニックの練習だけではない、そういう学びが踊りに深みを与えてくれるのだと思います。
先生は、フォークロアを理解せずにオリエンタルを踊ることは、いきなり階段のてっぺんに飛び上がることだ、とおっしゃいました
今、そのことがよくわかりますひらめき

そういえば、一本締めって私たち日本人は誰に習ったわけでもない?のにみんなできるけど、外国人にとっては難しいと聞いたことがあります。あの独特の「間」が難しいんだとか。


フォークロア??よくわからにゃいけど、がんばってニャ!
P1010471.JPG

posted by Mariko at 10:25| Comment(0) | ダンスのこと