2014年09月12日

レイキのこと

レイキマスターで友人のTさん宅で定期的に開催されるレイキ交流会に行ってきました。

レイキとは、自然エネルギーを利用するセラピーです。
基本は「手当て」。お腹が痛いとき、精神的に落ち着かないとき、お腹に手を当てたり、胸に手を当てたりすると、ほんわか暖かくなって落ち着いてきませんか。
誰もが自然に持っているエネルギーを利用して、自然治癒力を高めようとするのがレイキです。

2年前、ある婦人科の病気で手術をすることになったのですが、入院中ヒマだろうからと軽く読めるエッセイ本をすすめてくれた知人のおかげで、レイキと玄米に出会い、以来私の生活に欠かせないものになりました。
以前から友人だったTさんが、ちょうどレイキマスターとして活動しようとしていたときで、まさに渡りに船という感じでした。

今日は久しぶりの参加だったので、ヒビキ(熱感、ピリピリ感、脈動感など手のひらが受け取る感覚)を感じられるかなー??と思っていましたが、日々猫にレイキしているからか、Tさんによるアチューメント(エネルギーの通り道を開くこと)のおかげか、かなり明瞭にヒビキを感じることができました。
ヒビキが強くなってきたら、落ち着くまでしばらく手を当てます。

今日の私は、頭がガンガン響いていたそうです(^_^;)
案外アタマ使ってるのかなー??

最近、ココロとカラダのバランスとか、チャクラのバランスとか、リアルに骨と筋肉のバランスとか、いろんなことを考えます。
レイキも、いろいろなバランスを整えてくれるように思うので、カラダ全体のつながりを意識しながら手を当ててみようと思います。


あたちも口内炎や腎臓の病気に悩まされてるけど、少しでも良くなるようにって、おかーさんが毎日レイキしてくれるニャ。
手を当ててもらうと、なんだかポカポカして、とっても気持ちいいニャよ。
まぐ20140515.jpg
Photo by KURO




posted by Mariko at 20:45| Comment(0) | 日記