2014年09月15日

被災動物レスキューRAIF 写真展

9/28~9/30の3日間、横浜にて被災動物の写真展が開催されます。
横浜方面にお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいね☆
詳細は、下記RAIFブログ記事をご参照ください。

私は、被災動物のボランティア活動をつうじて、3.11のことをもっと知りたいと思うようになりました。
福島の被災動物に関わるボランティアをしているため、3.11といっても福島に偏った記載になることをご了承ください。

昨年10月から、被災猫たちの里親になったのを機に、現地にも行ってみたいと思うようになりました。
ボランティアでご縁のあった個人や団体のお世話になり、被災地での給餌活動に参加させていただきました。

RAIF写真展では、被災地で必死に生きる多くの命と、現在進行形の現実が映し出されます。
被災動物の救護や給餌活動のなかで撮影されたこれらの写真は、とても貴重な震災の記録だと思います。
1人でも多くの方が、3.11のことを振り返り、今も続くボランティアたちの活動について知っていただけるきっかけになれば、たいへん嬉しく思います。


ぼくたち福島から来たニャ。みんにゃがんばったから、いま幸せニャ。
左からまぐ(大熊町で保護)、銀次(葛尾村で保護)、ぱいふー(飯舘村で保護)
IMG_0598.JPG


posted by Mariko at 15:38| Comment(0) | ボランティア活動