2014年10月20日

一年経ちました。

まぐ&パイフーを迎え、ちょうど一年経ちました。
ここ数日まぐの調子がガタ落ちで、どうしたものかと悩んでいました。

今までにになくよだれが出て、それも白濁した膿みたいなよだれ。
お口が痛くて、好んで食べていたa/dも受け付けなくなりました。
頼みの綱はレバーと生魚。さいきんは秋刀魚です。

病院に行くときはいつもとっても静かに待っているまぐ。
image.jpg

獣医さんと相談もし、いわゆる強制給餌はしないと決めていました。
ところが、いろいろな体験談を読んで、少し考えが変わりました。
強制給餌って言葉がいやですが、愛情給餌という言い方をしている方がいました。

それ、いいな。

夏前にも食べれなくてどんどん体重が減ったとき、必死に給餌しようとしてかなり嫌われたのです。
もっとまぐの気持ちになって、やり方を考えるべきでした。

1年前は4.2キロあったまぐですが、最低を更新し2.24キロに。
こんなに痩せてしまってかわいそうだけど、でもまぐは頑張ってる。
みんなとごはんが食べたくてにゃーにゃーアピールします。
自力で食べれているうちに少しずつ練習してみよう。まぐの気持ちを優先しながら。

さいきんひときわにぎやかなパイフー。
ソファの背もたれもお気に入りの場所のひとつニャ。
image.jpg

もういい大人ですが、相変わらずドタバタ大騒ぎ。
可愛いから何しても許します(*^_^*)

みんにゃ、これからもよろしくねきらきら
posted by Mariko at 22:10| Comment(0) | 猫のこと