2015年04月30日

Luluワークショップ終えて♪

オリエンタル・ゴールデンウィークの幕開けでしたるんるん

この数年間、大型連休はトルコで修行かオリエンタルダンスのマスターティーチャーズによるインセンティブコースの受講という日々でしたが、今年も例にもれず。
暦どおりに休みの夫に猫たちの夜のお世話をお願いし、トレーニングに励みます。

スタートはLulu先生のドラムソロ振付け。
世界中でおしえているLulu先生、ダンサーであるよりもティーチャーであることに関心があるそうです。
また、ブラジル出身で、オリエンタルダンスは外国人として学ばれています。
だからでしょうか、先生のおしえかたは同じく外国人として学ぶ私にとって、とてもわかりやすくアクセスしやすい。
カナダのHadia先生のトレーニングでも同じように感じました。

アラブ・中東の文化圏で生まれ育ったエジプシャンマスターであればナチュラルにできることでも、私たち外国人はひとつひとつのムーブメント分析し、どの筋肉とどの骨が動くことでその動きが作られる、ということを明確にするプロセスが必要です。
先生いわく、このようなテクニークの説明は日本では喜ばれるけれど、他の国ではあまり好まれないのだとか^^;

さて、今回のドラムソロ、サンバ的な動きが入って激しいことあせあせ(飛び散る汗)
それでも全体的にエレガントな仕上がりはさすがLulu〜黒ハート

パワフルでチャーミングなLulu先生とぴかぴか(新しい)
6時間のレッスンの後、ヒーハーしながらも皆いい笑顔わーい(嬉しい顔)
IMG_1842.JPG



posted by Mariko at 12:29| Comment(0) | ダンスのこと