2016年02月28日

福島県葛尾村に行ってきました(2)

2/25の活動報告の続きです。


飼い猫の「アカ」と居つき猫の「トラジ」が必ず出迎えてくれる、家老川のポイント。以前はもっと猫がいたのですが、治療のために保護されてシェルターに行ったり、野生動物に襲われて亡くなったりですっかりさみしくなりました。。

トラジは、震災後に流れ着いたのだそうです。
2階を案内してもらいました。
image-58dc5.jpeg

元々の飼い猫のアカ。
もう帰るの?
image-dbef6.jpeg

トラジもアカも、たっぷり食べ過ぎて要ダイエットなので、オヤツはスキップです。

今回はなかなか猫の姿を見ることができなかったのですが、私たちの作業を遠くから見ている子もいたりして、ごはんを待っていたんだなーと嬉しくなりました。


その後都路に移動してワンコ3頭の散歩。
小走りしてますが、これでも写真を撮る余裕が出てきたところなのです。
早くお外に出たくてめちゃくちゃ引っ張ります^_^;
image-9e274.jpeg

母と息子の「ジョン」。
お母さんは「ハッピー」だったかしら。。
image-dd541.jpeg

娘の「アカ」。この名前、ほんと多いです。
image-d9584.jpeg

アカに熱烈歓迎される私。
image-711b9.jpeg

お馴染みのコータロー。
他の犬に襲われたそうで歯がズレています。
お年も召していると思われるので柔らかいオヤツをあげます。
image-b0f3d.jpeg

近くに住むボランティアのMさんには心を開いているそうなのですが、私たちはお散歩はできません。
が、近寄ってオヤツをあげることができるようになったのは大きな進歩です。

こちらの飼い主さん、仮設住宅で新しく犬を飼っているのだとか。
なんだかな〜。

この日のシメは、激盛りで有名な石井食堂に連れて行ってもらいました。
いまは三春町の仮設住宅で営業中ですが、避難指示が解除されたら葛尾村に戻る予定だそうです。

私のはラーメンライスじゃないですよ、豚汁定食です^_^;
手前のはぽこさんオーダーのチャーハン。
最初からお持ち帰り容器を用意してもらってます^_^;
image-fe4cc.jpeg

春には避難指示解除と言われているそうですが、戻る予定のかたも戻らないと決めているかたも、皆さんいろいろな思いがあるのではないかと思います。
どちらも、簡単なことではないですよね。

posted by Mariko at 22:53| Comment(0) | ボランティア活動

2016年02月27日

福島県葛尾村に行ってきました(1)

2/25(木)、葛尾村(かつらおむら)と田村市都路に行ってきました。

新幹線で新白河まで行き、在来線に乗り換えて鏡石で下車。天栄村に住むぽこさんが迎えに来てくれました。

2月とは思えないほど雪がなかったので、いつもとは違うルートで葛尾入りしました。
今回は猫の姿が少なかったのですが、わんこたちとたっぷり触れ合ってきました。

初めてお会いしました「まりちゃん」はとっても賢い子。
ぽこさんの指示に従って、待て、お手、おかわりをしっかりクリアしてからオヤツをパクリ。

お手!
image-b89a9.jpeg

おかわり!
image-94fce.jpeg

ハイ、どうぞ〜。
image-948dc.jpeg

Good girl︎!
image-bba8d.jpeg


おじいちゃんのロッキー(左)と孫のサリー。
飼い主さんは頻繁に帰宅してお世話をしているそうなので、私たちはオヤツをあげます。

image-ee418.jpeg


とあるポイントの納屋に、ぽこさん力作の寝床を設置。
藁のおかげで少しは寒さをしのげているといいのだけど、段ボールのほうが暖かいですよね。
中には毛布などを敷いています。
銀ちゃんもこの納屋で保護されたそうです。

image-8c620.jpeg

image-c356d.jpeg

猫の足跡ですよね。
image-a3dc9.jpeg

今年は暖冬だったとは言え、福島の冬は寒いです。
よくがんばって生きてくれたね。。

(続く)
posted by Mariko at 12:36| Comment(0) | ボランティア活動

2016年02月22日

にゃーにゃーにゃー!猫の日!

2/22は、にゃーにゃーにゃー︎猫の日だそうで。
もちろん朝からご馳走をふるまいましたよ。

我が家はわりとキビシイのです。
口内炎でお口が痛い銀ちゃんには起爆剤として柔らかいウェットを最初にあげますが、あとはカリカリですよ〜。
でもみにゃさまの健康を考えて、添加物の無い、または少ないものを差し上げているのですよ〜。
運動量が少ないのでカロリー制限のため茹でささみでカサ増しもしますよ〜。
たまにはジャンクフードもあげますよ〜。
だって、ニンゲンもジャンクフードが大好きですから。。

ジェニーさん、最近夫が大発見をしました!
断尾前は圧迫排尿しないと尿が出なかったので、むしろオムツはいらないくらいだったのです。
断尾してから、尿のおもらしが見られるようになったジェニーさん、毒素を溜め込むよりずっといいのだけど、オムツが合わない。。
一般的に売られているオムツは四足歩行のペット用に作られているからか、麻痺のため後ろ脚を引きずって歩くジェニーにはフィットしなくて、しかもお尻尾がなくなってからは尻尾穴で位置を固定することもできなくて、尻尾穴にティッシュを置いたりして尿もれ対策をしてきました。

ところが、オムツを反対につけてみたらバッチリでした!
尻尾穴が下腹部にきて、パッドがしっかりある部分がお尻に当たる!なぜもっと早く気付かなかったのかしら〜。
今回の発見は夫に感謝です!

オートマチックに出せるようになったということは、毒素を溜め込まずに済むということ。ちょっとお尻が蒸れやすいけど、良い方向にいってると思います。

コンパクトに脚を揃えて眠るジェニー。
image-10c1e.jpeg

やあ︎
ダイエットに成功して?軽やかなぱいふー。
image-1b80f.jpeg

若いクッキーと、オトナの銀ちゃん。
image-15a5a.jpeg

4匹にぎやかに過ごしています。
今後もどうぞよろしくお願いいたします勝ち誇り
posted by Mariko at 16:43| Comment(0) | 猫のこと

2016年02月21日

ダッタン人の踊り

ダッタン人の踊り、という曲に初めて出会ったのは、6年ほど前のこと。
ベアータ&オラーシオのアルバムに収められた曲はネイ(かな、たぶん)やカーヌーンの切ない旋律が印象的で、一度で大好きになりました。

この曲がクラシックの曲で、戦に負け捕らえられた人々の望郷の思いを歌ったものであることをずっと後になって知りました。
そのくらい音楽音痴なのです〜。

写真は、昨年主催した原発被災動物のためのチャリティーショーで、ダッタン人の踊りを踊ったときのもの。
帰りたくても故郷の家で暮らすことが叶わない被災者の方々の気持ちを想いながら踊りました。
続く演目の衣装を着ていただけですが、YouTubeでバレエの振付けのものをみると、ブラにハーレムパンツにオーバースカート、頭にはベールを垂らした帽子という出で立ちなので、さほど外れてはいなかったようです。

以前トルコでチフテテリの衣装を着させてもらったのですが、やはりハーレムパンツにオーバースカートをはいていました。
シルクロードが通っている国々の民族衣装ってどこか似ているのかも⁇

Opening_6.jpg
photo by macoto fukuda
posted by Mariko at 00:46| Comment(0) | ダンスのこと

2016年02月16日

妄想広がる。

ココロ踊るお店。

楽しくてウキウキ。

響いたものをお買い上げ。

本日購入のタッセルと、1年近く前に購入したブレード。
IMG_4050.JPG

やっと組み合わせることができそうです♪

posted by Mariko at 22:13| Comment(0) | ダンスのこと