2016年08月07日

不要なものを手放すということ。

友人が出演するダンススタジオの発表会を鑑賞してからの、ダンスワークショップに参加。
たいへん刺激を受けた一日でしたぴかぴか(新しい)


システマという、ロシアの格闘技のメソッドを取り入れたワークをとおして、たくさんの発見がありました。
主催の先生がおっしゃった、「カラダのアドベンチャーでしたね。」の言葉に深く頷くひらめき


踊るときに限らないのですが、何か動作を行うときに、うまくやろうとして無意識に頭に張り付いた思考によって、かえって不自然な動きをしてしまったりすることがあります。
頭で考えれば考えるほど、余計なことをしたくなってしまうのか、ほんとうに必要なシンプルな動作ができなくなってしまうみたいですバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


今日は、考えてしまいそうになったら呼吸して、アレクサンダー・テクニークのクラスで学んだ「頭」のことを思って、「自分と床を信頼してただやってみる」ことにしていったら、、、
案外うまくいきましたるんるん


カラダもココロも、不要な動作や不要な思考を手放していくことで、本来やりたいことをシンプルにできるようになりたいです。
そして、その先の表現にいかにつないでいけるか、、、自分ワークは続きますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


7月16日のKutla Kutla vol.5にて。
生演奏で即興で踊りましたるんるん
371-MR-DF1_0218.JPG
撮影:いはらほつみ
posted by Mariko at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ダンスのこと