2016年09月14日

フォークロアな週末

土曜日は、Huleya先生によるAsayaのワークショップに参加しました。

Asaya=スティックを使ったダンスについて、caneとの違い、リズムやコスチューム、エジプトにおける文化的背景などのレクチャーから始まり、基本のステップとスティックのさばき方をじっくりと教えていただきました。

後半は振付けワークショップ。
ノリノリのポップス曲で楽しい振付けを学びました。
Saidiのキャラクターを出すのが難しい。。

Saidiはオリエンタルルーティンには必ずと言っていいほど登場し、そして盛り上がる。
このパートをきっちりとSaidiらしく踊ることがルーティンのキモなんじゃないかと思います。


そして日曜日はトルコの民族舞踊「カシュックダンス」の練習会。
独特のリズムに合わせてカシュックと呼ばれる木製のスプーンを打ち鳴らしながらひたすらステップを踏み続けます。

フォークロアはとにかくステップがハードです。
足腰にきます。。。


お写真はAsayaワークショップ主催のFridge Salon様よりいただきました。
ありがとうございました!!
HuleyaさんASAYA.png


posted by Mariko at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ダンスのこと