2017年02月07日

やはりこれに尽きるのよね。。

「小確幸」

むかし村上春樹さんの小説が大好きでした。
ある小説に登場した「小確幸」という言葉、いまも大好きです。

小さくても確実な幸せ、日々それを実感することが何よりも幸せなことだと思っています。

存在そのものが小確幸である猫たち。


我が家でいちばんのデカ猫でにぎやかな、クッキー♡
IMG_5509.JPG


シニアに片足突っ込んでますが、子猫みたいに可愛らしいパイフー。
IMG_5508.JPG



ボス猫の風格はどこへやら、癒やし系銀ちゃん♡
IMG_5491.JPG


唯一の女子、天真爛漫なジェニー♡
IMG_5511.JPG


猫たちは、ただ可愛いだけでなく、病気もするし年をとるとそれなりにお世話も必要になってきます。
生き物ですから。
当然思い通りにはならないし、想定外のことも起こります。


猫は永遠の3歳児、って何かで読みました。
私は子どもがいないので分からないのですが、そうなのかな〜??

彼らが3歳児のまま寿命を全うするまで、彼らの小確幸を確実に守るのが私の役目。



posted by Mariko at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫のこと