2015年02月16日

ターキッシュ・ウィークエンド

怒涛の3日間が終わりました。

トルコから来日したフォークロアダンサーSibel&Muratを迎えてのターキッシュオリエンタルダンスショーに参加させていただき、その後はSibelによるフォークロア5テーマのワークショップ。
おそらくカラダがもたないと、5つめのカラデニズには申し込まなかった私。ちょっと後悔。。。

合間に個人的なお仕事や予定も詰めたのでなかなかのハードスケジュールでしたが、なんとか乗り切りました。
しかし、ステージでの小さなアクシデント(それも自分が引き起こした)にアタフタしてしまい、リカバリーしきれない自分の弱さにがっかりしましたが、結局はトレーニングが足りないのだと思います。
何があってもきちっと踊りをみせないと。

以前、踊りが素敵に見えるには、足が安定して床をとらえていること、腕のポジションが決まっていること、そして表情が大切なポイントだと聞いたことがあります。
ステップがキモであるフォークロアを学ぶことで足さばきを練習し、正しい腕のポジションを決めていくことはオリエンタルダンスを学ぶうえでとても重要なプロセスだと思いました。
このような機会を設けてくださった主催皆さま、スタッフの皆さまに感謝感謝です。

明日からまた別のトレーニングが始まります。
気持ちを切り替えてがんばろう。

3日間ほったらかしてしまって、不満気な猫たち。
メシ、まだかにゃ。
IMG_0990.JPG




posted by Mariko at 00:01| Comment(0) | ダンスのこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。