2015年03月26日

福島県浪江町に行ってきました(3)

津波の被害が酷かった請戸地区に連れて行っていただきました。

ここから海岸に向かって家が立ち並んでいたそうです。
IMG_1207.JPG


瓦礫は撤去され、ところどころに大型農機具が残っているだけ。
IMG_1211.JPG


慰霊碑。
津波から生き残った人たちがたくさんいたのに、原発事故による緊急避難のため、救助に入ることができず亡くなったかたがたくさんいたそうです。
ニュースや本などで聞いたことはありましたが、実際に現地を見て、言葉にならないほど衝撃をうけました。
IMG_1206.JPG


帰り道、富岡町にも立ち寄っていただきました。

駅舎がなくなっている!
黒々と積みあがっているのは除染物質。
右の白い建物は、除染物質を圧縮する設備だそうです。
IMG_1214.JPG


2014年6月訪問時の富岡駅。
IMG_0372.JPG


津波の破壊力を物語る建物も、撤去されていました。
IMG_0374.JPG


富岡駅前の慰霊碑。
IMG_1219.JPG


メディアや書籍から情報を得てはいても、百聞は一見にしかず。現地に行って見て感じることは、今まで見聞きして感じたこととは全くちがいました。
このような機会を得られたことを有り難く思います。
今後も動物たちを見守る活動をつうじて、今自分ができることを考え、コツコツ実践していきたいと思います。

posted by Mariko at 00:30| Comment(0) | ボランティア活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。