2015年11月19日

異変

めったに体調をくずさない私ですが、年に一回くらい発熱します。

夫には、いつも丈夫なのに、どかんと入院やら手術やらするよな!と言われました。
確かに。。。

一昨日から喉がイガイガし始め、来るな〜と思っていたら昨日の昼過ぎからジワジワ熱が出てきました。
それでもレッスンや〆切仕事を抱えていたので、とりあえず市販薬でしのごうと思ったら意外に効きまして。
夕方には最悪だった体調も夜には熱が引いてきました。

もうひとつ、自分の体調よりもずっと重要な事件が起こってしまったことも、回復を早めたのかもしれません。

3か月前に家族になったジェニーに異変が起こりました。


三毛猫はツンデレのイメージをくつがえす甘えん坊。
IMG_3336.JPG

お兄ちゃんたちの間にずかずか割り込みます(^_^;)


朝目覚めたらジェニーのベッドが血だらけに。
どうやら尻尾から出血しているようでした。

病院で処置をしてもらいましたが、毛を刈ってみるとたくさんの細かいキズがあり、どうも噛みキズのようだと。
この時点では自分で噛んだのか、まさかそんなことはないだろうけど他の子が噛んだのか、わかりませんでした。

その夜、念のためソフトカラーをつけて寝たのですが、朝早くにケージの中でガタガタ大騒ぎしているので飛び起きてみると、
なんと自分の尻尾を噛みちぎっていました。
たぶん2センチくらい。
ソフトカラーなので、くにゃっと折れて尻尾に口が届いてしまったのでしょう。

グロテスクな話ですみません。
その時はとても動揺してしまいましたが、こういうことは記録しておくと後で役にたつし、自分の気持ちを整理するためにも書いておこうと。

ジェニーは下半身不随なので、痛みの感覚がほとんどないと思われます。
暴れるジェニーを夫におさえてもらって、ガーゼで尻尾を巻いてヒモでしばりました。

もう断尾するしかないのかもと、病院に行ったところ、処置は消毒のみで様子見となりました。
キズはおおわずに自然治癒を待つそうで、しっかりした大きめのカラーをお借りしました。


首にごっついものを巻かれて大変不服そうでしたが、ようやく寝始めました。
IMG_3602.JPG

ジェニーはこのベッドがいちばんお気に入りなので、血だらけになったのを急いで洗濯!


尻尾を噛んでいるときのジェニーは狂ったようでした。
ジェニーの中で何が起こったのか。。

何かストレスがあるのは間違いないのでしょうけど、それがわからず、どうしたらいいのか。。
ジェニー、少しずつお話しようね。
posted by Mariko at 20:50| Comment(0) | 猫のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。