2016年01月25日

福島県浪江町に行ってきました。

記録をたどってみると。。。3か月ぶりの給餌活動でした!
前回浪江町に行ったのは8月、古釘を踏んで流血し、大騒ぎしたのでした〜(>_<)

個人で活動する動物ボランティアが集まり「かつらお動物見守り隊」として福島原発事故により全村避難となった葛尾(かつらお)村を中心に犬や猫たちへの給餌を続けています。
私は、葛尾村で保護された猫、銀次の里親になったのをきっかけに、給餌活動に参加するようになりました。

5か月ぶりの浪江町は除染や解体が進み、すこし前までは人間と動物たちの営みがあったとは思えぬほど変容してきています。


浪江町のご自宅をシェルターにしてわんにゃんのお世話をしていらっしゃるAさん。
ちょうどわんこのお散歩の時間だったので3人で10頭のお散歩をしました。
ふだんはご夫婦お二人でわんこ20頭のお世話をされているそうです。大型犬もいるので大変です。。

わんこに慣れていない私でも大丈夫!
ぐいぐい引くこともなく、とっても穏やかです。
IMG_3909.JPG

楽しいね!
IMG_3910.JPG


5センチほど積もった雪がとけてきています。
お天気はいいけど、風が冷たい!
IMG_3913.JPG


お散歩の後は各ポイントにごはんとお水を届けに行きます。
センサーカメラを設置して猫が来ているかを確認し、給餌ポイントを統廃合したおかげで、貴重なフードを無駄遣いせずに効率よく作業を終えることができるようになりました。


その後都路に移動し、わんこたちのお散歩。
高齢の飼い主さんが施設に入居してしまったため、普段はご親戚のかたがごはんをあげてくれています。

母犬、息子、娘の3匹みな待ってましたとばかりに走り出す。
ぐいぐい引かれて、ふだん運動しているはずの私もハァハァゼェゼェあせあせ(飛び散る汗)

やっぱりお散歩楽しいんだね。。
できることなら毎日行きたいよね。


やっぱり久しぶりのコータロー。
IMG_3917.JPG

コータローは信頼した人でないとお散歩できないのですが、ずいぶん優しい表情になりました。


オヤツを手からたべてくれたら、かなり信頼している証拠なのだそう。
そしたらお散歩もできるそうです。

指で持ってあげることはできても、てのひらに乗っているものはなかなか食べてはくれません。
あと一歩ですね。
IMG_3920.JPG

コータローのお友達のパンダ(猫)に初対面。
IMG_3921.JPG

大きくてむっちりしたにゃんこさん、ニャーニャーと可愛い声でおやつをねだります。

帰宅途中でいわき市のシェルターに立ち寄りました。
ちょうど夕飯どきだったので、期待満々のにゃんこたちがズラリ。
IMG_3923.JPG


来週千葉で開催される譲渡会に参加予定のお母さん&子ども3匹の計4匹をお預かり。
みなめちゃくちゃ可愛い子たちですよ!
ぜひ会いにきてにゃ〜猫

詳細コチラ

20160116115104b56.jpg


みなに、すばらしいご縁がありますようにぴかぴか(新しい)

posted by Mariko at 15:13| Comment(0) | ボランティア活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。