2016年12月22日

にっくき腎不全

ネコは体の構造上オシッコの病気になりやすい。
もともと砂漠地帯に住んでいたので、体外に出る水分を抑えられる体になったそうです。
そのためオシッコには老廃物が濃縮され、泌尿器系に負担をかけるのだそうです。
腎臓は一度壊れると再生できない。大切な器官なので、二つあるわけです。

2年前に亡くなったまぐが、慢性腎不全と診断されたときものすごくショックでした。
すでにシニアになってから迎えたまぐ、ごはんをモリモリ食べるしむしろダイエットさせないとな〜と思ったくらいでした。
そのまぐが、突然大量に水を飲み出し、口内炎を併発してごはんを食べなくなってしまいました。

数ヶ月後にやってきた銀ちゃんとは距離を置いていたまぐ。
IMG_0110.JPG


猫の腎不全についていろいろ調べたけど、まぐの場合それよりもお口の痛みのほうがキツくて、腎臓よりも現在の痛みをどうするかってことで必死だったな。


お預かりしてから体調をくずし、あっという間にお空に還ってしまったきなこと、珍しい4にゃんのショット。
IMG_0491.JPG

まぐはサーモンのお刺身を食べています。
もうタンパク質がどうの言ってられなくて、カロリー摂取できるなら何でもいい!という状況でした。


まぐのことがあって、みんにゃの健康には気をつけてきたつもりだけど、
ぱいふーが腎不全になるなんて、、

ネコの死亡原因のトップクラスといわれる病気。
ヒトならば、特定疾患に認定され人工透析を受けたりするような病気。
なんとかならんのかー(T_T)


先週のGamal先生のインテンシブクラスでは、ハーモニーがテーマになっていました。
ハーモニーとはどういうことか?
自然は完璧なハーモニーで成り立っている。
人体も完璧なハーモニーで成り立っている。
そんなお話がありました。

病気って、身体のメカニズムにおけるハーモニーがくずれてしまって、修復できなくなってしまった状態なんでしょうね。
そのハーモニー、なんとかして取り戻せないのか〜(T_T)


体力がなくなったせいか、銀ちゃんを受け入れ始めたまぐ。
IMG_0595.JPG

しかたニャいわね、もういいニャよ。
IMG_0598.JPG




posted by Mariko at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178129871
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック