2017年08月28日

ぱいふーのこと。

ぱいふーがお空に還って2週間。
日課だったことが不要になり、そういうところで寂しい気持ちになりますね。
もう、いないんだなって。

ぱいふーと暮らしたのはたったの4年間だったけど、ぱいふーと出会って人生が変わった、、
と言っても過言ではないので。。
本当にかけがえのない存在だったのです。

ぱいふーのベストショットを探しましたが、やはりこれかしら。

with you...
FullSizeRender.jpg

IMG_2913.JPG

白も銀も丸々して。。


福島組の2にゃんは、ダントツ仲が良くて、いつもいっしょに寝ていました。

IMG_2640.JPG


IMG_5895.JPG


たまに対立してみたり。。(2にゃんとも、ふくよかでしたね)
IMG_3657.JPG



誰とでも仲良くなれるぱいふーは、

IMG_4323.JPG


IMG_5964.JPG


クッキーともつるむようになり、


ジェニーの面倒もよく見ていたね。

IMG_5833.JPG


IMG_5896.JPG



唯一敵対したぐりちゃま。
IMG_2417.JPG

尻尾膨らんでますよ〜〜


IMG_0723.JPG


IMG_1936.JPG


IMG_2840.JPG


IMG_2897.JPG


IMG_5229.JPG


写真、選びきれない。。


生き物には寿命というものがあって、早く死んじゃったとか、長生きしたとか、いろいろあるけれど、
ぱいふーは、平均寿命としては早かったのかもしれないけど、
私はぱいふーと出会ってものすごく幸せだったから、ぱいふーもそうだったらいいな、と思います。

動物もヒトも、生まれた瞬間から死に向かっていて、生まれたことも死ぬことも、嬉しかったり悲しかったりするのは周りであって、本人(本動物)は、ただその瞬間を通過しているだけなんですよね。

ぱいふー、旅立つ瞬間はすこし苦しそうだったけど、その後はすごく穏やかでした。

仲良しだった銀ちゃんが、ぱいふーの亡骸にずかずか乗り込んでいくので、慌ててぱいふーをケージに移したけど、
銀ちゃんはお別れをしようとしただけだったのかもしれないですね。
いつも一緒だったのだから。

ぱいふー、また会えるまで待っててねー。


posted by Mariko at 20:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫のこと
この記事へのコメント
ぱいふーの写真、どれも可愛い♪

私にとって、ぱいふーは不思議な子でした。
弱そうでいて、強くて、穏やかで、周囲にいる人間を優しい気持ちにしてくれる子だったなぁ。。。ぱいふー、ありがとう。またね!

Marikoさん、ぱいふーもMarikoさんに出会えて、家族に迎えてもらって、幸せだったと私は確信しています。銀ちゃんとも一緒に過ごせたし〜というか、写真の銀ちゃんやクッキー、ジェニーちゃんも幸せそうだわ♪
我が家の猫達はこんな穏やかな顔していないじゃん!?(汗)


Posted by YUMIKO at 2017年08月29日 21:54
YUMIKOさんへ

なんだか分かります。。
ぱいふーって不思議。。
ぱいふーに出会わなかったら、いまの猫生活もなかったかもしれません。
もっと一緒にいたかったなぁ。。

猫たちみんにゃ幸せそうって言ってもらえて嬉しいです☆
YUMIKOさん宅の猫さんたちもきっと幸せです〜♡
Posted by Mariko at 2017年09月04日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180812087
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック