2014年05月29日

おかえり、まぐ!

口内炎治療のため、1週間Tさんのお宅にお世話になっていたまぐが帰ってきました。

近赤外線治療器スーパーライザーという装置を使って口内炎の炎症を抑え痛みを和らげる治療です。
2週間ほど前は、痛みのためスプーン1杯のウェットフードを食べるのがやっとだったまぐ。
治療後は痛みが和らぐのか明らかに表情が違い、Tさんのお宅では、おやつのささみや焼きかつおまでたいらげるという快復ぶりだったそうです。

ところでこの装置、Tさんかかりつけ病院の特殊なものであると思い込み、うちのかかりつけ病院にはないと思い込んでおりました。
先生に事後報告したところ、実はあることがわかりました!!!もっと早く聞けよ、私!!!

ただし、通常は犬のヘルニアなどに使用し、猫の口内炎には使用したことがないと。
Tさんに出力設定や時間を確認していただいたので、同じ治療を続けることができそうです(^_^)v

Tさん、多大なるご負担をおかけして申し訳ありませんでした(>_<)


夕方の治療効果が持続しているのか、調子よく食べるまぐと、おこぼれを狙う銀&パイ。
P1011022.JPG
posted by Mariko at 15:38| Comment(0) | 猫のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。