2018年01月13日

ロードナイトとの出逢い

ジャン!!

18C9770D-C2CB-4F89-98C2-892946A3A57F.jpeg

ベリーダンスのクラスでお世話になっているアクセサリー作家のえみちゃんがつくる女神巻きペンダント。
えみちゃんの優しさ全部がぎゅっと詰まっているのがわかる、とてもとてもステキな作品たちに魅了されて、今年の自分誕生日プレゼントは女神巻きペンダント!!と決めていました。

ざっくり希望をお伝えしたところ、えみちゃんが提案してくれたこちらのロードナイトにグググッと引き込まれて、そのまま私の元へ〜〜♡

スポーツクラブのレッスンでもつけていたら、何人かのメンバーさんからステキですね〜って声をかけられました!
複雑な色味が肌の上でしっくりなじみ、気持ちも上がりました。

えみちゃん、ありがとう♡

えみちゃんのお店、AngelaRibbonさんのブログはこちら
女神巻き認定スクールの講師もされています!

posted by Mariko at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月08日

フリーランスで生きるということ(2)

フリーランスになって4年目、ようやく仕事のスケジュール調整と、売上げと経費の管理などの事務仕事を整理しながら切り盛りできるようになってきました。

いまだにスケジュールは手帳に手書きしないとしっくりきませんが、翻訳のスケジュールはエクセルで管理するようにしました。
納品したら色付け。
金額も入力しているので、毎月送られてくる明細のチェックや確定申告用の入力もスムーズです。


銀ちゃんも応援してくれています。
がんばるのにゃ〜。ムニャムニャ。。。
image1.jpeg


今年はチャレンジの年で、翻訳の仕事、ダンスの仕事、そして受けるレッスンのやりくりでかなり苦しい時期もありました。
ダンスのクラスがある日は、まず家事を手抜き、次に睡眠をけずって対応しました。
通常フリーランスの翻訳者が1日でこなすであろうボリュームに対応しなければ、と必死でした。

2社からの依頼が重なった7月は休みが1日もなく、品質に影響が出てしまいました。。最悪。。
そして、ぱいふーの介護もあり(8月14日永眠)。
ダンスを中途半端にはしたくなかったのですが、まずはぱいふーのケアを優先させ、仕事を安定させて品質を保つべく調整しました。
苦しい時期を経験したおかげで自分の限界が見えたし、基礎力があがったような気がします。

一転して、ヒマ〜な時期がやってくるのもフリーランス。。
ふだん調べきれないことを調べてみたり、役に立ちそうなツールを探したり、フリーランスの翻訳者さんのブログを読んで孤独から解放されようとしてみたり。。
そしてダンスダンスダンス!!

こんなことを振り返りながらブログを書いているくらいですから、今週はヒマだったのです。
ここでボーっとせずに、次に向けて種をまいておかなければ!!
posted by Mariko at 20:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月05日

フリーランスで生きるということ

将来は自宅で仕事ができれば、、と思ったのは、転勤族の夫と結婚してからでした。

時間はかかりましたがコンスタントに仕事をいただけるようになり、次の目標を立てたいと思うようになりました。

翻訳の仕事とダンスの仕事はまるで違うようにみえますが、基本は同じだということがわかってきました。
おそらく、どんな仕事であっても、基本は同じなのだと思います。

仕事自体は孤独であり、その時頼れるのは自分しかいないわけですが、上げるも下げるも自分次第。
自分がどのような役割を求められているのかを考えて、そのとき持てる100%を提供していく、それだけです。

翻訳もダンスも、現状に満足した時点で衰退、、常に次を見ていかないと現状維持すら覚束なくなります。
どちらも学び続けないといけない。

フリーランスの場合、一人で仕事している感覚になりちなのですが、実はたくさんの人たちとのチームワークのうえに成り立っています。
ある翻訳者さんのブログでハッとさせられました。
自分のところでバトンを止めない、次に気持ちよくバトンを渡せるような仕事をする、ということ。

そしてねこ様たちのために、がんばらなければ!!


8BBDCEBD-3A48-4986-A6AB-5082D5CE9AA3.jpeg
posted by Mariko at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月20日

冬到来

10月が終わる!!と騒いでいるうちに、あっという間に11月後半。。

冬の到来を感じさせるこの頃、ねこたちがまるまってぬくぬくと眠る姿にほっこりします黒ハート

IMG_6515.jpg





IMG_6479.jpg





IMG_6564.jpg



仕事、レッスン、ねこ、の合間にいろいろお楽しみもありましたぴかぴか(新しい)


今年はほんとうに感動的なステージを拝見する機会が多く、
それはプロフェッショナルのダンサーさんのステージであったり、
同じクラスでレッスンを受けている先輩たちや仲間たちの出演であったり、
ひとつひとつが、心に残るすばらしいステージだったな〜と、思い返すたびに
涙が出そうになります。

そして、自分もまたがんばろうという大きなエネルギーもいただきました。


一年前には想像していなかった環境で、新たな出会いがありました。


間違ったことも、失敗も、たくさんしたけれど、これからまたがんばれるのって、
本当に周りの人に支えてもらって、助けてもらったおかげだと思います。



まあ、気楽にいきなよ。
IMG_6561.jpg

常にマイペースなクッキー黒ハート



。。。
IMG_6562.jpg


存在するだけで癒やしの銀ちゃん黒ハート




ちょっと〜、あたちのことも忘れないでよね!!
IMG_6496.jpg


遠くから自己主張するジェニー黒ハート


これからもよろしくお願い致しますぴかぴか(新しい)
posted by Mariko at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月13日

ぱいふー頑張ってます☆

ブログタイトルの「日日是好日」のとおり、1日1日がかけがえのない大切なときであることを実感しています。

いつも世間の連休やらとは関係なく仕事でしたが、この連休は1日集中すれば終わる仕事が1件あるのみで、いつになくのんびりムード、、、と思っていましたが、

ぱいふー、ぐっと調子をくずし、この連休が山なんじゃないかと思ったほどでした。


ぱいふーと出会ったのは、4年前の8月でした。
ぱいふーと暮らすために引っ越しました。


私のねこ生活は、ほとんど闘病からのスタートでした。
ねこと暮らし始めて1年で、お預かりしていたきなこ、そして里親になったまぐが亡くなりました。

2にゃんの闘病中は、気持ちにまったく余裕がなくて、、、
心配して声をかけてくれる人にまでキィ〜〜〜となる始末で。。。


その後も別のねこが要治療となったり、手強いねこを預かったり、障害をもつねこの里親になったり、
ねこに対する経験値がすこしずつ上がってきたような気がします。


夫は、保護ねこにもいろいろいるのに、なぜあえて病気のリスクがある子を?と、最初は不可解だったようですが。
元気で可愛い子は、私じゃなくてもご縁があるから。
それに、出会ってしまったらしょうがないじゃない。


ぱいふーと出会って、人生が変わったといっても過言ではないくらい。
大切な家族です。


ぱいふーはちょっと辛そうなので、横になってもらって、私はお酒を飲みながらぱいふーとおしゃべりするんだ。


IMG_0541.JPG

posted by Mariko at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記