2017年03月23日

能×武×フラメンコ、絶妙な間合い

3月20日、新宿にあるフラメンコの殿堂「Garlochi」に出現した1日限りの異空間。
能×武×フラメンコ、異色のコラボレーションを堪能してきました。

嬉しいことに最前列!!
白ワインとともに前菜をいただきながら開演を待ちました。

ステージに据えられた甲冑と真剣。
IMG_5614.JPG

そこに華道家の横井さんが桜を咲かせていきます。
IMG_5617.JPG

その横で薩摩三味線と横笛が、桜の花開く様を盛り上げます。

横笛の音色の美しさにウットリ。。。


さて、武道×フラメンコでは、静寂の中の迫力というのか、すごい空気圧みたいなものを感じました。
圧があるのにどこまでも静か。

なぜか映画「ラストサムライ」の切腹シーンを思い出してしまった。。

その圧が耐えがたいほどになってきて、静寂を切るかのようにフラメンコの激しいステップが始まる。
観ているのにものすごいエネルギーを使いました。


説明をしてくださる長塚先生と義仙会の皆さま。
IMG_5618.JPG

希望のお客は真剣でポーズ。

着物のかたはサマになりますね!!
IMG_5640.JPG


能×フラメンコでは、小鍛治と題し、天皇家のために剣を打つ刀匠とスパニッシュジプシーの職業として多かった鍛冶屋を掛け合わせています。

一切の無駄をそぎ落とした究極にシンプルな舞と足さばきと、演じるもの奏でるもの観るもの全員から発するエネルギーがものすごいうねりとなっていく感じがしました。

白ワイン1杯、ビール1杯しか飲んでないのに、身体中が熱くなりました。
何でしょうか、あの感覚は。

あの場であの空気の中にいて体感したことは言葉にすることがむずかしく、またする必要もないものだと思いました。

素晴らしいステージをありがとうございました。

出演者の皆さまと記念撮影。
IMG_5637.JPG
写真 赤池久人

posted by Mariko at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月16日

マリウスを観てきました♪

音楽劇、マリウスを鑑賞してきました♪

予備知識ほぼゼロで臨みましたが、楽しみにしていたのは、今井さんのフラメンコシーン。
たまたまNHKでこのミュージカルを取り上げていて、今井さんが長年取り組んできたフラメンコが披露されると知りました!
最近フラメンコレッスンを始めた私、初めて踊りに興味を持ったのも映画で観たフラメンコのシーンに感動したからでした。

image1.JPG


いや〜、今井さんのこと全然存じませんでしたが、、、良かったです!
フラメンコのシーンが素晴らしかったのもあるけど、力強かったし、男としてそれじゃ駄目じゃん!!ってのもよく表現していたな〜と。(偉そうにすみません。。)

はっきり言って泣くような内容じゃないだろうと思っていたのに、、もぅ〜〜〜林家さん演じるパリスにやられました。。
タオルハンカチ持ってて良かったです。

そして柄本さんの演技のすばらしいこと!!
シリアスからコミカルへ、存在感とユーモアにはもう脱帽でした。

すばらしい舞台を魅せてくださって、ありがとうございました!!
posted by Mariko at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月02日

足力レッスン修了〜次のステップへ♪

3箇月間の足力レッスンを修了しました。

足力レッスンとは。。。
身体を使ううえで基盤となる「立つ」ことに焦点をあて、足(足裏)を育てていくレッスンです。
本当の意味で「立つ」ことができていない身体は、足首、膝、骨盤、背骨、肩、といろいろなところに歪みがうまれ、痛みとなっていくそうです。

私の身体にもたくさんの歪みがあり、長い時間をかけて生じた歪みはそう簡単には元には戻りません。
自分の身体を知り、自分で調整し、自立することをめざして、丁寧に自分の足と向き合ってみました。

足を育てるって、小さい頃からバレエやダンスを習ってきた人にとっては当たり前のことなのかなと思いますが、大人になってダンスを始めた私にとって、足と向き合うことの大切さに気付くのにずいぶん時間がかかりました。
が、気付いたときが始めどき、ご縁に感謝感謝です。

このレッスンを受ける少し前から、あるダンスのレッスンで足の重要性を学んでいたこともあり、自分のクラスのストレッチでも足ほぐしに時間をかけるようにしてきました。
オリエンタルダンスのステップでも体重移動がとても重要ですから、当然足(足裏)を意識しないといけないわけです。

3箇月のレッスンで、立つことを少しずつ日常のなかで意識できるようになってきました。
さて、立つだけではなく、人は動かなければなりません。
次のステップに進むことにしました。


先生がよく例えにあげたのが、ねこ様!!
脊椎動物としてパーフェクトな身体の使い方をなさいます!!


こんなふうにだらけていても。。。
P1011059.JPG


一瞬で戦闘態勢に!!
P1011060.JPG


肩こりも、腰痛もないねこ様たち。
素晴らしいです。
posted by Mariko at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月23日

調整の年

私にとって今年は調整の年だそうです。
いろいろなハーモニーが整っていくのだそうです。
楽しみ〜♪

と思っていたら、年末年始からいろいろなことをコントロールしきれずにちょっと無理をしてしまっていたのか…ノロと思われる胃腸炎になってしまいました!
苦しんだおかげでカラダから毒が抜けてリセットされた感じ。まさに調整の年です^^;


ねこ様たちはそんな私を心配することもなく、平和に過ごしておりました。

IMG_5474.JPG

トラブルを抱えている子も、波はあるけれど、それぞれがそれなりの生活の質を保って穏やかに暮らしてくれればいいなあ。


日々の締め切りに追われてしばらく放ったらかしていた針仕事を再開。

ジェニーがじーっと見上げています。
IMG_5480.JPG
糸、ちょーだい!!


とにかく仕事やダンスのことで人様に迷惑をかけないように、体調はしっかりコントロールしていかなければ!と改めて思いました。
時には無理しなければならないこともあるけど、自分はどこまでなら無理できるのかを見極めて、調整していかないとね。
posted by Mariko at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月12日

コミュニケーションって。。

子どもの頃から、自分の考えや気持ちを人に伝えるのがとても苦手でした。
伝えなくても済むことはたくさんありますが、やはり大人になってから苦労する羽目になりました。


伝えるのが苦手なので、受け取ることも苦手なのだと気づいてからは、むしろ受け取る努力をするようにしました。
これがなかなか難しいのですが、、、


言葉をもたない動物と暮らしてみると、いろいろなことに気付きます。
彼らとコミュニケーションをとりたければ、自分の気持ちの押し付けではだめなんですね。
彼らの目線で、彼らからの情報を受け取らなければ。


あれ、銀ちゃん。
たぶん無理だと思うよ。
IMG_5463.JPG


うんしょ、うんしょ。
いや、無理だと思うよ。。
IMG_5464.JPG


やっぱり無理だった( ;∀;)
でも上半身だけ入れて〜。
IMG_5466.JPG


たま〜にフーシャー言うけれど、それなりに折り合いをつけて仲良く暮らしている猫たち。

下半身麻痺のジェニーをいじめることもなく、皆穏やかに調和しています。
IMG_5345.JPG


以前は誰かの具合が悪くなるたびにキリキリしていた私。
私が何とかしてあげなきゃ!!と恩着せがましく息巻いていたんですね。
レイキを学んで、猫たちとの生活に取り入れるようになって、結局自分自身がいちばん救われた気がします。
レイキってセラピーであると同時に、究極の思いやり、コミュニケーションなんだと思います。


大学卒業後、最初に就職した当時はまだ一人一台PCという環境ではありませんでした。その後どんどんPC環境が変化し、隣の席の人とも記録を残すためPCでやり取りするという。。面と向かって話していたら起こらなかったであろうちょっとしたすれ違いから、トンデモナイ誤解に発展し人間関係が破たんしたこともあります。
今なら修復できそうに思えることなのに、、、


フリーで在宅仕事というのは孤独なものですが、こんな幸せが♡
右向くと〜♡
IMG_5457.JPG


左向くと〜♡
IMG_5458.JPG


お願いだからしばらく起きないでね〜。


文字で伝えるのは本当に難しいこと。
自分が伝えたいこと以上に、受け取った相手がどう思うかを考えるほうがずっと大切だってことを、いつも気にしていこうと思います。

posted by Mariko at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記