2016年04月25日

週末ダイジェスト♪

モリモリだくさんの週末でした。
お天気に恵まれたのも幸い!!

 
22日金曜日は、銀座KONYAにてレストランショーるんるん
なつかしーい友人が来てくれて、しかもその友人がかつて発表会で踊った曲で、たまたま踊りまして(^^)
こんどおススメのとんかつ屋さんに連れて行ってもらう約束もして!!嬉しい1日ぴかぴか(新しい)

23日土曜日は、アースデイ東京@代々木公園にてレイキセラピーをさせていただきましたるんるん
今回で3回目の参加でしたが、少しずつ他者へのレイキに慣れてきて、特にセカンドディグリーを受けた今年は、ヒビキの感じ方が強くなったように思います。
昨年までは椅子で15分の施術でしたが、今年からは20分に延長されていました(それでワンコインですから、とってもお得!!)。 
レイキの効果を感じるには個人差がありますが、20分という短い時間でも、カラダがポカポカしてきた、リラックスした、凝っていたところがラクになった、などの嬉しい感想をいただくことができ、すごくうれしかったですぴかぴか(新しい)

24日日曜日は、筋トレからスタート。美しく踊るために必要な筋力をつけるとともに、カラダとココロの両方を鍛錬するクラスです(^^)
いや〜、しかしキツイ!日曜日の昼下がり、こんなツライことをしに集まる仲間たちのおかげで私もがんばることができています。
美味しいランチ黒ハートをはさんでからの、タイコレッスン。

ランチビール??

IMG_4481.JPG

大好きなヒューガルテン、Lサイズをオーダーしたら700mlでした!!(手前はレギュラーサイズ)
ま、缶ビール2本分よね。
時間あるし、いけるいける!!

ヒューガルテンの余韻でふんわりいい気分になりながらのタイコ、リズムに乗るまで相当時間がかかりましたが
なんとか、かんとか叩ききって、

最後はコチラ!!
IMG_4482.JPG

たまたまFacebookで友人が「誰か行きません?」て投稿しているのを見て、ほとんど予備知識もないままに「いくいく!!」と予約をお願いした公演。

いやー、素晴らしすぎました!!

パンフレットのダンサーさんからもわかるとおり、私が特に感動したのは独特の色彩美です。
長~い袖が女性美のひとつとして称えられていたそうで、この衣装のような袖をファンベールのように操って踊るわけです。
ちなみに、ずばりファンベールの踊りもありました!仙女の踊りといって、このうえなくエレガントなファンベールでした。

衣装の美しさは間違いないのですが、ダンサーのパフォーマンスがコスチュームの美しさを最大限に引き立て魅せている、という感じでした。

私の陳腐なことばでは伝えきれないのでこのへんにしておきます。。

公演は本日まで。
また来年!絶対観に行きたい!!
posted by Mariko at 11:31| Comment(0) | ダンスのこと

2016年03月23日

Nyan-PEACEチャリティコンサート終えて♪

3月22日、福島被災動物保護活動の支援のために開催されたNyan-PEACEチャリティコンサートが開催されましたるんるん

ご来場いただきましたお客さま、ご来場はかなわなかったけれどチケットを買ってくださったりご寄附をくださった皆さま、長丁場の公演を細やかにサポートしてくださったスタッフの皆さま、素晴らしい演奏、歌、進行でステージを盛り上げてくださった出演者の皆さま、ありがとうございました黒ハート
そして、コンサートの企画から出演、ありとあらゆる雑務と当日の控室のフォローまでがっつり取り仕切ってくれた倫仔さんにスペシャルサンクスですぴかぴか(新しい)


第4回目のコンサートに物販スタッフとして参加し、ちゃっかりステージも拝見して、とっても感動した私、第5回目の今回はなんと出演の機会をいただきました。
いろいろな意味で緊張しましたが、アウェーな私をあたたかく受け入れていただき、とても楽しくステージを終えることができました。

3.11から丸5年が過ぎ、私もそうですが、日常に追われるなかで震災のことを忘れがちになってしまうと思います。
それでもこのようなイベントを通して、復興のために奮闘している被災者たちがいること、助けを必要としている動物たちがいること、地道にボランティア活動を行っている人たちがいることを思い出し、できる支援を続けていけたらいいなと思います。

今月末に倫仔さんのブログで寄付報告があります。

出演者一同、若々しく見える?魔法のポーズで。
あ!ナビゲーターの晃子さんがいない(>_<)
にゃんピース1.jpg


倫仔さんにリクエストしたキャンドルダンス。
私が曲から感じるイメージと実際のバックグラウンドがけっこう違ったりして、でもいろいろ妄想?イメージしながら演出してみました。

右が私作、左はいただきもの。
IMG_4279.JPG


物販ではいくつかねこのものを提供させていただき、ありがたいことに完売いたしました黒ハート
IMG_4305.JPG
posted by Mariko at 12:08| Comment(0) | ダンスのこと

2016年03月13日

イメトレ、練習、イメトレ、練習あせあせ(飛び散る汗)

3/22(火)のチャリティーコンサートでは、チャレンジングな曲で踊らせていただきます♪

オリエンタル音楽とはまったく異なるリズムやムードにどう入っていったらいいのか、何度も曲を聴いて動きをイメージしてみました。
実はちょっと煮詰まっていたのですが、師匠から、大事なのは自分自身の身体や感性をとおして曲を表現すること、とアドバイスをいただき、曲に対する思いが変わってきました。

馴染みのない曲というだけで、自分で勝手にハードルを上げてしまっていたと思います。
もっと曲に寄り添って、自分の中に湧いてくるイメージやそこから生まれるストーリーを大事にしていこうと思います。

3.11から丸5年、ここ数日は特に恐ろしかったテレビの映像が蘇り、胸が苦しくなりました。
私も原発被災地を時々訪問し、ごく一部ではありますが現地の変わりゆく姿を見てきました。
その思いも込めつつ、イベントとしては明るく楽しいものになるといいなと思います。
昼夜2公演、がんばります♪


ぱいふー(左)と銀次。それぞれ飯舘村とかつらお村で保護されました。
image.jpeg

posted by Mariko at 12:55| Comment(0) | ダンスのこと

2016年03月01日

週末ダイジェスト!

わ!もう3月になってしまいました!
2/27〜29のお礼とご報告です。

27日土曜日はIKUYO先生&YOKOさん主催のイベント「Kutla Kutla vol.4」でした。
vol.2と3では出演させていただきましたが、今回はスタッフとして参加させていただきました♪

会場の特性により受付・入場に時間がかかるのがいつも悩みのタネだったと思われるのですが、今回の改善によりなかなかスムーズにお客様をご案内できたのではないかと思います。
次回はまた少しでも改善していけたらと思います。

Kutla Kutla vol.4は第2部は全編生演奏という豪華なショーでした♪
照明担当の役得で、ステージはすべて鑑賞させていただきました。

CD音源のステージはもちろんのこと、生演奏のライブ感ときたらすばらしいなどというものではなくて。。
特に歌には、、、仕事を忘れて涙が出そうになりました。
声の美しさって特別なギフトなんだな〜と思います。


28日日曜日は、動物チャリティイベント「BASTET」にスタジオKelebekからYuko&Fumikoと共に出演させていただきました。
イベントの収益は一般社団法人ランコントレ・ミグノンさんに寄付されました。

ミグノンさんは、東京都動物愛護相談センターより動物を保護し、新たな里親さんを見つける活動をされています。
ミグノンさんにはボランティアの哺乳士(いわゆるミルクママのことでしょうか)がいて、生後間もない子猫を自宅で預かり、お世話をしているそうです。
その後医療措置を施して譲渡会でずっとの家族を探すそうです。

写真は、ありませんの。。(>_<)

でもこちらの可愛らしい猫さまをご覧ください!
洗濯機に入れると猫毛をバッチリ取ってくれる優秀なスポンジちゃんです!
IMG_4210.JPG

明日あたり、さっそく洗濯機に投入してみようかしら。
そろそろ換毛期を迎えるので大活躍間違いなしですね!


29日月曜日は、27日のショーで惚れ惚れするようなダンスを披露してくださったMiliaさんによるターキッシュロマのワークショップに参加してきました。
鍛え抜かれたスリムな体から湧いてくる、エレガントなエナジーに満ちたMiliaさんのダンス、見れてよかった〜。

ターキッシュロマは、現地に学んだ日本人であるIKUYO先生やYOKO先生、Reyhanなど生粋のロマ、民族としてのロマではないけれどトルコ人でロマを踊るダンサー、などいろいろ学びましたが、それぞれのスタイルがあってどれもとてもカッコいいのです。

昨日Miliaさんから学んだのは、ショーアップされたエレガントなロマスタイル。
たくさん練習して、どこかでお披露目できたらな〜と思っています♪


3日間、ご縁のありました皆さま、ありがとうございました!!
posted by Mariko at 19:13| Comment(0) | ダンスのこと

2016年02月21日

ダッタン人の踊り

ダッタン人の踊り、という曲に初めて出会ったのは、6年ほど前のこと。
ベアータ&オラーシオのアルバムに収められた曲はネイ(かな、たぶん)やカーヌーンの切ない旋律が印象的で、一度で大好きになりました。

この曲がクラシックの曲で、戦に負け捕らえられた人々の望郷の思いを歌ったものであることをずっと後になって知りました。
そのくらい音楽音痴なのです〜。

写真は、昨年主催した原発被災動物のためのチャリティーショーで、ダッタン人の踊りを踊ったときのもの。
帰りたくても故郷の家で暮らすことが叶わない被災者の方々の気持ちを想いながら踊りました。
続く演目の衣装を着ていただけですが、YouTubeでバレエの振付けのものをみると、ブラにハーレムパンツにオーバースカート、頭にはベールを垂らした帽子という出で立ちなので、さほど外れてはいなかったようです。

以前トルコでチフテテリの衣装を着させてもらったのですが、やはりハーレムパンツにオーバースカートをはいていました。
シルクロードが通っている国々の民族衣装ってどこか似ているのかも⁇

Opening_6.jpg
photo by macoto fukuda
posted by Mariko at 00:46| Comment(0) | ダンスのこと