2015年03月26日

福島県浪江町に行ってきました(3)

津波の被害が酷かった請戸地区に連れて行っていただきました。

ここから海岸に向かって家が立ち並んでいたそうです。
IMG_1207.JPG


瓦礫は撤去され、ところどころに大型農機具が残っているだけ。
IMG_1211.JPG


慰霊碑。
津波から生き残った人たちがたくさんいたのに、原発事故による緊急避難のため、救助に入ることができず亡くなったかたがたくさんいたそうです。
ニュースや本などで聞いたことはありましたが、実際に現地を見て、言葉にならないほど衝撃をうけました。
IMG_1206.JPG


帰り道、富岡町にも立ち寄っていただきました。

駅舎がなくなっている!
黒々と積みあがっているのは除染物質。
右の白い建物は、除染物質を圧縮する設備だそうです。
IMG_1214.JPG


2014年6月訪問時の富岡駅。
IMG_0372.JPG


津波の破壊力を物語る建物も、撤去されていました。
IMG_0374.JPG


富岡駅前の慰霊碑。
IMG_1219.JPG


メディアや書籍から情報を得てはいても、百聞は一見にしかず。現地に行って見て感じることは、今まで見聞きして感じたこととは全くちがいました。
このような機会を得られたことを有り難く思います。
今後も動物たちを見守る活動をつうじて、今自分ができることを考え、コツコツ実践していきたいと思います。

posted by Mariko at 00:30| Comment(0) | ボランティア活動

2015年03月24日

福島県浪江町に行ってきました(2)

給餌活動をしながら、あちこち案内していただきました。
お天気にはめぐまれましたが、ものすごい強風!

浪江駅。
IMG_1176.JPG


駅のホーム。
IMG_1180.JPG

 
駅舎の壁には大堀相馬焼のタイル。
相馬野馬追(そうまのまおい)という伝統的なお祭りがあるそうです。
IMG_1181.JPG


「安心して暮らせるやさしいまち」の看板横には、落下した街灯。
これ、かなりの大きさです。
ここは海岸から離れているので津波の被害ではなく、地震の被害のようです。
IMG_1184.JPG


人気がなく閑散とした駅前通り。
ときどき工事関係の車とすれ違うくらいで、人一人いません。
IMG_1186.JPG


駅前の新聞屋で、仕分けされたままの新聞。
IMG_1189.JPG


配達されなかった、2011年3月12日付の新聞。
「原子炉建屋で爆発、放射性物質拡散」の文字。
IMG_1191.JPG


買おうとしたところで、避難しなければならなくなったのでしょうか。
IMG_1192.JPG


古くて倒壊の危険がある建物は取り壊されていきます。
IMG_1195.JPG


4年前に時が止まったままの町。
建物が撤去され、町の姿もどんどん変わっていくのかな。
ここに確かに人間の営みがあったのだと思うと、胸が締め付けられる思いがします。

続く。
posted by Mariko at 23:44| Comment(0) | ボランティア活動

福島県浪江町に行ってきました(1)

昨年1月に福島県葛尾村で保護された銀次を迎えたのをきっかけに、何度か葛尾村を訪問しました。
3.11から4年以上経過し、2015年3月23日、初めて浪江町を訪問しました。
なみえ焼きそばというご当地グルメをご存知のかたもいらっしゃるかもしれませんね。

震災直後から被災地での動物レスキューに参加し続け、現地の様子に詳しいぽこさんの案内で、いつもイベントなどでお世話にないっているMさんと共に参加。
快晴にめぐまれました。

つい先日オープンしたという、ならはPA。
IMG_1159.JPG


高速を降りて浪江町へ。
一般車両が自由に出入りできる葛尾村とちがい、立入り許可証と身分証明書が必要です。

お彼岸のお墓参りに来られたかたがいらっしゃいました。
右奥が墓地になっています。
IMG_1172.JPG

時間が止まった小学校。
それでも毎年きまって、梅は花をつけるのでしょう。
IMG_1167.JPG


東電がお掃除に入ってくれるそうで、スッキリ片づけられています。
IMG_1173.JPG

猫が入れる高さに設置した給餌器。
野生動物に倒されたのか、無残な姿になっていたのをMさんが補修してくれます。
ワイヤーを巻いたり釘で固定したり、さすがです。(ほとんど見ているだけの私。。。)
IMG_1200.JPG


外壁を補修しようとしていたのでしょうか、足場が組まれたままのお宅。
ここに給餌器を設置しています。
野生動物やカラスから守るためいろいろ工夫しています。
IMG_1205.JPG

続く。
posted by Mariko at 10:42| Comment(0) | ボランティア活動

2015年02月09日

葛尾村に行ってきました♪

我が家の銀ちゃんこと銀次の出身地、福島県葛尾村に行ってきました♪
前日夕方にTOKUさんにピックアップしていただき、ぽこさん宅に宿泊。


ぽこさん宅の隣家の飼い猫トラちゃん!朝のご挨拶に出てきてくれました〜ぴかぴか(新しい)
IMG_0904.JPG


葛尾村に入る手前、よく肥えたにゃんこにこんにちは。
IMG_0917.JPG


ひとりお留守番のコータロー。
数か月前よりずいぶんとやさしい表情になりました。
IMG_0921.JPG


時折青空がのぞくものの、吹き付ける風が冷たいふらふら
お水はカチコチに凍っています。
IMG_0945.JPG


納屋の上から様子をうかがっています。
IMG_0929.JPG

大丈夫だよ〜。出ておいで〜。


ここにいるよ、っておしえてくれる。
IMG_0933.JPG


こっちは、鳥かな。
IMG_0932.JPG


元気いっぱいの犬たち。あっという間にオヤツを完食です。
IMG_0942.JPG


銀ちゃんをお迎えしたご縁で訪問するようになった葛尾村。
行くたびに気持ちがほっこりします黒ハート

また行くから、待っててね〜。


ぽこさんが、大好きな葛尾村を応援するブログを立ち上げてくれましたひらめき

かつらお村でのTNR活動をリードし、動物たちを見守り続けてくれているTOKUさんひらめき


posted by Mariko at 23:50| Comment(2) | ボランティア活動

2014年10月13日

2014.10.12葛尾村訪問

さわらかな秋晴れの昨日、福島県葛尾村を訪問しました。
個人で福島に通い、被災動物の給餌や保護活動をされているTOKUさんに同行させていただきました。
気候が良いおかげか、にゃんこもたくさん出てきてくれました。


葛尾村に入る手前の民家の飼い猫と思われる子。
食欲旺盛で、焼きカツオを何本も平らげる。
IMG_0090.JPG


ひとりでお留守番のコータローくん。
前回のようなアグレッシブさはなくて静かにおやつを食べてくれました。
IMG_0093.JPG


いつもお出迎え&お見送りしてくれる茶トラくん。
お父さんが帰宅していて嬉しそう。
IMG_0097.JPG


柵を乗り越えんばかりにジャンプして元気いっぱいな黒ラブくん。
ウェットは瞬殺です。
IMG_0106.JPG


我が家の預かりにゃん銀次くんが保護されたポイント。
銀ちゃんに似てるなあ。
IMG_0110.JPG


ん??美味しいものかにゃん??
IMG_0116.JPG


こちらもひとりでお留守番のトラちゃん。
おじいさんにぴったり寄り添ってなかなかこちらを向いてくれません(^^;;
IMG_0123.JPG


みんなお腹いっぱい食べられているとみえ、よくふとっています。
家にゃんまぐと同じキレイな八割れさん。
IMG_0151.JPG


葛尾村では、TOKUさんが中心となってTNR(動物を捕まえ、避妊去勢手術を施して元の場所に戻すこと。)を何度も行なってくださったそうです。
TNRの目的は、飼い主のいない猫たちの繁殖を制限することで不幸な猫が増えるのを防ぎ、一代限りの命を全うしてもらうこと。

避妊去勢済みの証である耳カットが入っています。
IMG_0143.JPG


食べたあとは日向ぼっこ。
IMG_0154.JPG


このワンちゃんはとっても怖がりなので、半身小屋の下に隠れたままごはん&おやつ^ ^
IMG_0158.JPG


なんだかとっても癒された葛尾村でのひととき。
みんな、ありがとう!また来るからね!
posted by Mariko at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア活動